新作テレビアニメ「ヘボット!」2016年秋開始 お笑いコンビの流れ星とギャグ対決 | アニメ!アニメ!

新作テレビアニメ「ヘボット!」2016年秋開始 お笑いコンビの流れ星とギャグ対決

イベント・レポート

『ヘボット!』流れ星(ちゅうえい、瀧上伸一郎)
  • 『ヘボット!』流れ星(ちゅうえい、瀧上伸一郎)
  • 東京おもちゃショー2016『ヘボット!』
  • 東京おもちゃショー2016『ヘボット!』
  • 東京おもちゃショー2016『ヘボット!』
  • 東京おもちゃショー2016『ヘボット!』
  • 東京おもちゃショー2016『ヘボット!』
6月9日、玩具見本市「東京おもちゃショー2016」のバンダイブースにて、2016年秋スタートの新作テレビアニメ『ヘボット!』の発表会が開催された。ゲストにはお笑いコンビ・流れ星が登壇し、主人公・ヘボットとギャグの面白さを競う「ボキャバトル」で対決した。

『ヘボット!』はバンダイナムコグループと小学館の月刊コロコロコミックがタッグを組んだオリジナルコンテンツプロジェクトである。バンダイナムコピクチャーズ制作によるテレビアニメ、9月15日から連載スタートのマンガ、9月中旬から配信の3DS用ゲーム、そしてバンダイが手がける玩具「DXヘボット!」と、幅広いマーケティングを予定している。
物語の舞台は人間とボキャボットと呼ばれるロボットが共存している世界。ネジの形をした島国・ネジが島では、ボキャボットが頭にボキャネジを挿して、ギャグを生み出して対決するボキャバトルが盛んに行われている。主人公のヘボットと相棒のネジルはバトルに勝利するためネジを集めるハチャメチャギャグストーリーだ。

イベントはPVの上映からはじまり、ハイテンションな映像で会場を盛り上げていった。続いてヘボットが登場し、巨大なネジがトレードマークのユニークな姿がお披露目された。さらにボキャバトルの相手に選ばれたお笑いコンビの流れ星も参戦した。
ボケ担当のちゅうえいは「ギャグ界にロボットが殴り込みに来ると聞いたから、このままじゃ芸能界で俺のポジションが取られちゃうよ!」と先制攻撃。対するヘボットも「流れ星? 聞いたことないヘボ」と応戦する。ツッコミ担当の瀧上伸一郎は「確かに最近テレビ出てなかったけど!」とそれに同意しつつ、ボキャバトルが幕を開けた。

ボキャバトルはギャグを披露した後に発表されるエネジーの数が大きい方が勝利となる。先攻のちゅうえいは手を変え品を変え、一発ギャグを繰り出していく。バイヤーズデーゆえに業界関係者しかいない完全アウェーの状況の中、怒濤のギャグラッシュを見せつけた。
後攻のヘボットは華麗なダンスで会場を魅了しながらバトルを展開。その結果、500エネジー対100万エネジーの大差でヘボットが勝利を収めた。ちゅうえいはそのジャッジに不満を抱きつつも、最後はヘボットをヘボ師匠と呼ぶほど打ち解けて、ガッツリと握手を交わした。流れ星の二人はヘボットを応援していくと宣言。これからも様々な機会でヘボットとのボキャバトルを楽しめそうだ。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集