comicoで連載マンガ「こえ恋」がドラマ化 7月から永野芽郁が女子高生を演じる | アニメ!アニメ!

comicoで連載マンガ「こえ恋」がドラマ化 7月から永野芽郁が女子高生を演じる

マンガ・ノベルアプリ「comico」で連載中の恋愛漫画『こえ恋』がドラマ化、テレビ東京にて7月より放送される。

ニュース
comicoで連載マンガ「こえ恋」がドラマ化 7月から永野芽郁が女子高生を演じる
  • comicoで連載マンガ「こえ恋」がドラマ化 7月から永野芽郁が女子高生を演じる
  • comicoで連載マンガ「こえ恋」がドラマ化 7月から永野芽郁が女子高生を演じる
  • comicoで連載マンガ「こえ恋」がドラマ化 7月から永野芽郁が女子高生を演じる
  • comicoで連載マンガ「こえ恋」がドラマ化 7月から永野芽郁が女子高生を演じる
  • comicoで連載マンガ「こえ恋」がドラマ化 7月から永野芽郁が女子高生を演じる
マンガ・ノベルアプリ「comico」で連載中の恋愛マンガ『こえ恋』がドラマ化されることになった。7月よりテレビ東京にて放送される。また主演には、フレッシュな注目の若手永野芽郁を起用する。
『こえ恋』は、なぜか紙袋をかぶって生活しているクラス委員長・松原くんと、彼の素敵な声とやさしさに惹かれていく吉岡ゆいこの物語だ。超絶真面目な堅物生徒会長を中心に青春恋愛ドラマとして描かれる。一風変わった高校生たちが織りなす青春ラブストーリーが魅力の作品だ。

ヒロイン・吉岡ゆいこ役の永野芽郁は、カルピスウォーターのCMでもお馴染みだ。2009年に子役としてデビューすると、映画『るろうに剣心』や『俺物語!!』、テレビドラマでも『八重の桜』など数々の作品に出演し俄然注目を増している。主演が今回が初となるが、その実力は折り紙つきだ。『こえ恋』でも、松原くんへの淡い想いや青春のきらめきをフレッシュに演じてくれるだろう。
また、エンディングテーマには若い世代から絶大な支持を集める井上苑子の「ナツコイ」に決定。井上の歌う恋愛ソングが、ドラマを一層華やかなものにする。

ドラマ化に際して原作者・どーるるは、「この度は自分の作品で、このような機会を頂けたこと本当に嬉しく思います。 初めてドラマ化のお話をお聞きした時、大変驚いたと同時に、実写化された時どのように「こえ恋」の世界観が表現されるのか、とても興味が湧きました。 また、主人公のゆいこを演じてくださる永野芽郁さんはイメージにぴったりなので、ますますドラマ化を楽しみにしております。 と率直な感想をコメント。
また、主人公のゆいこを演じる永野に対しては「イメージにぴったり」と絶賛。どう演じてくれるかも、楽しみにしているようだ。

本作は紙袋をかぶった男の子に恋をするという奇抜な設定に目が行くが、純粋な恋心の行方が毎週楽しめるとのこと。
今後気になることといえば、紙袋をかぶった松原くんを誰が演じるのか、という点だろう。キャストはもちろん、実写ではどんなビジュアルになるのかも注目だ。

『こえ恋』
(C)どーるる/comico
(C)「こえ恋」製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集