「残響のテロル」がフランスJAPAN EXPOで金賞受賞   | アニメ!アニメ!

「残響のテロル」がフランスJAPAN EXPOで金賞受賞  

ニュース

2014年の7月から9月までフジテレビ系ノイタミ枠で放送され、その衝撃的な内容から話題を呼んだ『残響のテロル』。海外でも高い評価を受けている。
本作が、フランスで開催された日本文化の総合イベントJapan Expoが行うJAPAN EXPO AWARDSにて、ダルマドール・アニメ(金のダルマ賞アニメ部門)を受賞した。

『残響のテロル』は『スペース☆ダンディ』などで知られる渡辺信一郎が監督し、『マクロスF』などの菅野よう子が音楽を担当したオリジナルアニメ作品。
物語は主人公のナインとツエルブがスピンクス1号と2号を名乗って爆弾テロを起こし、それを目撃した三島リサを共犯者にするという衝撃の展開でスタートした。事件を追う柴崎刑事、ナインたちと同じ施設にかつて収容されていたハイヴなど様々なキャラクターの思惑が絡み合い、事態は混迷を極める。そして事件の背景にアテネ計画と呼ばれる壮大な人体実験が浮かび上がってくるという濃密なストーリーが人気を呼んだ。

今回アワードを実施したJapan Expoは、4日間で24万人以上が来場する日本文化の巨大イベントとして知られている。今年で17回目の開催となる。
『残響のテロル』が受賞したダルマドール・アニメはプロフェッショナルな選考委員によって授与されるアニメ部門で最高峰の賞となっている。日本のアニメがフランスで人気を博していることはよく知られているが、目の肥えたフランス人からも評価されたのは、改めて本作のクオリティの高さを物語っている。

国内では現在、Blue-rayとDVDは全6巻で発売されており、1巻と6巻の限定生産盤にはメイキングやキャストインタビューなど特典も充実している。また、本編でも使用された菅野が手掛けた珠玉の名曲がつまったオリジナルサウンドトラックも発売中だ。

『残響のテロル』
(C) 残響のテロル制作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集