「アニメイトTV」が大きく変わる 「アニメイトタイムズ」がスタート、サイト名もドメインも一新 | アニメ!アニメ!

「アニメイトTV」が大きく変わる 「アニメイトタイムズ」がスタート、サイト名もドメインも一新

ニュース

アニメ・声優情報の老舗サイト「アニメイトTV」が、2016年4月に大きく変わった。4月27日付で、サイトの名称を「アニメイトTV」から「アニメイトタイムズ」へと変更した。同時に、サイトのドメインも「http://www.animate.tv/」から「http://www.animatetimes.com/」に移転した。
サイト名とサイトドメインは、ネット上では長く使われてきたものがユーザーをより多く集める傾向が強い。それをあえて変えるのは大きなチャレンジとなるだけに、新ブランドに向けた大きな意気込みを感じさせる。

サプライズな発表であるが、「アニメイトTV」は2015年より、様々な新しい試みを続けている。サイトの運営はアニメイトから2014年10月に設立されたグループ会社の株式会社アニメイトラボに移管されている。同社の取締役会長にはピクシブ代表取締役社長の片桐孝憲氏が、代表取締役社長も同社取締役の田面木宏尚氏が就任している。熱心なユーザーであれば、サイトデザインも2015年にリニューアルされていることに気づくに違いない。
今回の変更についてアニメイトタイムズは、アニメイトグループにおけるアニメ・声優系の総合情報サイトとしての位置づけを明確化するためとしている。情報発信を強く打ち出したサイト名を導入したようだ。さらに今後は事業の強化や拡大も視野に入れている。

今回のサイト名変更に合わせて、他にも新たな事業も始まっている。ひとつは「アニメイトタイムズ」の海外版「animate Times」のオープンだ。4月27日にスタートした。
ここでは「アニメイトタイムズ」に掲載された記事をピックアップして、英語、中国語(簡体字)、タイ語、インドネシア語などアジア言語中心に10カ国語対応する予定だという。運営はアニメイトグループの株式会社アブラカダブラが担当する。

また動画コンテンツへのアプローチを強化する。動画ニュースやイベントレポートなど独自の動画コンテンツを制作し、配信する。すでに第1弾として、声優・茅野愛衣が出演する「かやのみ」が始まっている。併せて、動画広告の制作や導入をする。アニメ・声優ニュースも読むだけでなく、映像で楽しむ時代を見据えているようだ。
アニメイトラボでは今後サイト全体のフルリニューアルに着手、さらにユーザビリティの高いサイトを目指す。2016年中に完了する計画だという。今後も「アニメイトタイムズ」新しい挑戦が続きそうだ。

「アニメイトタイムズ」
パソコン http://www.animatetimes.com/
スマートフォン http://sp.animatetimes.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集