東京都稲城市にガンダムとザクのモニュメントを設置 大河原邦男、古谷徹、池田秀一が登壇 | アニメ!アニメ!

東京都稲城市にガンダムとザクのモニュメントを設置 大河原邦男、古谷徹、池田秀一が登壇

ニュース

(c)K.Okawara・Jet Inoue (c)サンライズ (c)創通・サンライズ (c)タツノコプロ・読売テレビ2008
  • (c)K.Okawara・Jet Inoue (c)サンライズ (c)創通・サンライズ (c)タツノコプロ・読売テレビ2008
4月23日、『機動戦士ガンダム』に登場する「RX-78-2 ガンダム」と「MS-06S シャア専用ザク」のモニュメント除幕式を行う。このモニュメントは、東京都稲城市が進める「メカニックデザイナー大河原邦男プロジェクト」の一環だ。
当日は、トークセッションも設けられる。メカニックデザイナーの大河原邦男自身、そしてアムロ・レイ役の古谷徹、シャア・アズナブル役の池田秀一が登壇する。ガンダムへの熱い胸の内を披露するはずだ。

東京都稲城市は『機動戦士ガンダム』や『装甲騎兵ボトムズ』など、多くの作品でメカニックを担当してきた大河原邦男の出身地である。これまで展示会やトークイベントなど様々な催しを実施してきた。
4月23日には、いなぎ発信基地ペアテラスにて「大河原邦男プロジェクト ガンダム&シャア専用ザク モニュメント」の除幕式が開催される。モニュメントは高さ約3.6メートルと1/5スケールで、大河原自身が監修を手がけている。稲城市の新たな観光名所として人気を集めそうだ。モニュメント周りのシャッターボックスや施設名称ロゴも大河原がデザインしており、こちらも注目の仕上がりである。

トークセッションのゲストになる古谷徹はガンダムのパイロットであるアムロ役、池田秀一はその敵となるシャア役でお馴染みだ。大河原とキャスト陣がモビルスーツのデザインやガンダムへの思いを語る貴重な機会となっている。
ペアテラス施設の入口では、『機動戦士ガンダム』の1/1ハロと稲城市イメージキャラクター・稲城なしのすけがお出迎え。子供たちにとっても楽しいイベントになるだろう。稲城市はプロジェクトを通じて、子供や家族にとって魅力的な生き生きとした街作りを目指し、地域の活性化や定住者の増加に繋げていく方針だ。
[高橋克則]

「大河原邦男プロジェクト ガンダム&シャア専用ザク モニュメント」除幕式
日時: 2016年4月23日09:00~11:00予定
会場: いなぎ発信基地ペアテラス(稲城長沼駅高架下)
出演: 大河原邦男、池田秀一、古谷徹
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集