「甲鉄城のカバネリ」 渋谷にて不死の怪物“カバネ”になれる特製マスク配布 | アニメ!アニメ!

「甲鉄城のカバネリ」 渋谷にて不死の怪物“カバネ”になれる特製マスク配布

ニュース

4月7日よりフジテレビ・ノイタミナ枠にて、テレビアニメ『甲鉄城のカバネリ』が放送スタートする。荒木哲郎監督とWIT STUDIO制作のタッグによる新作オリジナルアニメーションだ。
4月4日より東京・渋谷にて期間限定で、本作の世界がリアルに飛び出すさまざまな施策が実施される。地下通路壁面にて“カバネ”特製マスクの配布、渋谷ちかみちにてグッズ販売、スクランブル交差点ではキャストコメント付き映像を上映。オンエア直前企画としてさまざまなイベントでアニメを盛り上げる。

TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』は、『進撃の巨人』を手がけた荒木哲郎監督とWIT STUDIOのタッグが贈るスチームパンク・サバイヴアクション。蒸気機関が発達した島国「日ノ本」を舞台に、鋼鉄の被膜に覆われた心臓を持つ不死の存在・屍(カバネ)と人類の生き残りをかけた戦いを描く。

4月4日から期間限定で、渋谷では『甲鉄城のカバネリ』を題材とした様々な施策が実施される。4月4日から10日の1週間、SHIBUYA109手前地下通路では、「“カバネ”渋谷ジャック企画」を実施。生駒、無名、菖蒲、来栖らメインキャラクターが描かれた柱巻き広告を多数掲出し、地下空間をジャックする。
さらに同地下通路壁面に、はがして持ち帰り可能な“カバネマスク”を設置する。マスクのデザインは、劇中に登場する不死の怪物・カバネの口もとをイメージしており、着用することでカバネ化した気分を味わうことができる。設置タイミングは、4月4日(月)15時と7日(木)15時と、計2回。限定2,000個となるため早めにゲットしたい。

また田園都市線渋谷駅地下1階に出店のショップ「PickUpランキン 渋谷ちかみち」にて、本作のグッズ販売を行う。さらに4月4日、7日の2日間は、1日店長としてカバネが就任。不死の存在がどのように接客を行うのか見ものだ。
さらに4月4日から17日の2週間、渋谷スクランブル交差点の各スクリーンにてキャストコメント付き特別映像が上映される。
様々な施策で盛り上がりを見せる本作。4月7日(木)ノイタミナ枠にて初回放送スタートだ。

アニメ『甲鉄城のカバネリ』
(C)カバネリ製作委員会
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集