不幸からの脱却を目指す「あんハピ♪」ステージは、台本もないフリーダムな空間 | アニメ!アニメ!

不幸からの脱却を目指す「あんハピ♪」ステージは、台本もないフリーダムな空間

2016年3月26日、「AnimeJapan 2016」において、4月からスタートするアニメ『あんハピ♪』のステージが行われた。

イベント・レポート
2016年3月26日、東京ビッグサイトにて開催されたAnimeJapan 2016にて、新作アニメ『あんハピ♪』のステージが開催された。『あんハピ♪』(原作:琴慈)は、「まんがタイムきららフォワード」にて連載中のマンガを原作に4月からスタートする。
2015年夏にアニメ化が発表されて以来、首を長くして待っていたファンも多いだろう。「アンハッピー」な「負の業」を背負った女子高生たちが織りなす学園生活は、やはりアンハッピーが連発する。
アニメ化に際し、監督に選ばれたのは大沼心監督。大沼監督と言えば、ポップな演出に柔らかい色調、でありながらキレのあるアクションを魅せるだけに、演出面にも大いに期待したい。

イベントには主演の5人、「はなこ」こと花小泉杏役の花守ゆみリ、「ヒバリ」こと雲雀丘瑠璃役の白石晴香、「ぼたん」こと久米川牡丹役の安野希世乃、「ヒビキ」こと萩生響役の山村響、「レン」こと江古田蓮役の吉岡茉祐が登壇。AnimeJapan 2016のavexブースイベント中で「唯一台本がない」というステージは、メンバー5人のアドリブによりフリーダムに進んだ。

フリーダムなトークの中には、いくつかの質問コーナーが存在。アフレコについては「はなこ」のアドリブ量が多く、効果音(?)などもアドリブだとか。
続いてレコーディングの感想をMCから尋ねられた5人は、「魚介ダンス」にも言及。ステージも観客もまったりムードで進む。オープニング「PUNCH☆MIND☆HAPPINESS」もチラッと披露して、改めて「励まし系学園コメディ」である事をアピールした。
また、1話のみどころについては「ヒバリ」の恋の相手や第1話から不幸である「はなこ」の事、動物を5人のキャストが持ち回りでやっている点などをピックアップ。リスが「リス!」と鳴くという噂もあるので注目したい。

そして、今後は何をしたいかと尋ねられたメンバーは、「ライブ!」と返答。集まった観客もこれに歓声で応え、期待をつのらせた。
5人の着用している「天之御船学園」の制服も完成度が高く、「はなこ」のクローバーの茎だけ下を向いているというところまで再現。「フリーダムな」ステージは、細かい気配りと熱意をもって終了した。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《平工 泰久》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集