「この作品にはハートがある」J.J.エイブラムス監督が太鼓判 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 | アニメ!アニメ!

「この作品にはハートがある」J.J.エイブラムス監督が太鼓判 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ジャパンプレミア レッドカーペットイベントが12月10日に六本木で開催。J.J.エイブラムス監督を始め主要キャストが登場した。

イベント・レポート
「この作品にはハートがある」J.J.エイブラムス監督が太鼓判 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
  • 「この作品にはハートがある」J.J.エイブラムス監督が太鼓判 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
  • 「この作品にはハートがある」J.J.エイブラムス監督が太鼓判 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
  • 「この作品にはハートがある」J.J.エイブラムス監督が太鼓判 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
  • 「この作品にはハートがある」J.J.エイブラムス監督が太鼓判 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
  • 「この作品にはハートがある」J.J.エイブラムス監督が太鼓判 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
  • 「この作品にはハートがある」J.J.エイブラムス監督が太鼓判 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
  • 「この作品にはハートがある」J.J.エイブラムス監督が太鼓判 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
  • 「この作品にはハートがある」J.J.エイブラムス監督が太鼓判 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
12月18日に公開を控える『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のジャパンプレミア レッドカーペットイベントが、12月10日に六本木ヒルズアリーナで行われた。
イベントには監督のJ.J.エイブラムスと、ヒロインのレイを演じるデイジー・リドリー、ストームトルーパーの脱走兵フィンを演じるジョン・ボイエガ、十字のライトセーバーの使い手カイロ・レンを演じるアダム・ドライバーら3名の主要キャストが参加。レッドカーペットを歩きながら、メディアやファンの歓声に応えた。

イベントは本編予告やメイキング映像をスクリーンで上映。ゲストが登場する際にはオーケストラによる『スター・ウォーズ』お馴染みのBGMを生演奏するといった趣向を凝らした。ゲスト4名が揃った後、改めてステージ上に登場した際はシリーズの顔であるR2-D2、本作の鍵を握るドロイド・BB-8と新型のストームトルーパーも姿を見せた。

ジョンは日本語で挨拶を送った後、フィンのことを「ストームトルーパーであることが嫌になってしまった人物」と紹介。デイジーも日本語で来日の喜びを表現し、「フィンと出会って冒険を繰り広げる」とレイについて語った。

アダムはジョージ・ルーカスと黒澤明の関係について言及した。「日本に来ることができて嬉しい。ジョージは黒澤監督に影響を受けたと聞いている。この舞台に立っていることがシュールに感じる」とコメント。
それを受けたエイブラムス監督は「黒澤監督の作品は世界で最も秀でている。『フォースの覚醒』の制作にあたって、それらの作品を再度見て私も影響を受けた」と話した。

話題がBB-8に及ぶと、デイジーは「とにかくキュート。マシンだが人間らしさを感じさせる」とそのキャラクター性を表現。エイブラムス監督が「『もうちょっと暖かくして。寒いよ』と言っている」とBB-8の気持ちを代弁したジョークを披露する一幕も見られた。

最後に、本作の公開を待つファンへ向けてエイブラムス監督が「全く新しい、僕たちが大好きな『スター・ウォーズ』が始まる。アクション、コメディ、この作品にはハートがある。スタッフたちがいい仕事をしてくれたので、楽しみにしていて欲しい」と本作の出来映えに太鼓判を押した。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
12月18日より全国公開
(C)Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved
《キャプテン住谷》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集