「シドニアの騎士 第九惑星戦役」が空でも観れる シンガポール航空で機内上映開始 | アニメ!アニメ!

「シドニアの騎士 第九惑星戦役」が空でも観れる シンガポール航空で機内上映開始

ニュース

2015年に放送され人気を博したテレビアニメシリーズ『シドニアの騎士 第九惑星戦役』が、空のうえでも鑑賞できるようになった。アジア有数のエアーラインであるシンガポール航空の機内上映が11月1日から始まった。
作品はシンガポール航空の誇るエンタテイメントシステムであるクリスワールドのプログラムとなる。ハリウッド映画なども擁するサービスに加わる。上映期間は2016年2月29日までの4ヶ月間、シリーズ全12話がグローバルネットワーク全域に登場する。

シンガポール航空では、前作にあたる『シドニアの騎士』も2015年3月1日から6月31日にかけて上映していた。それに続く、新シリーズ『シドニアの騎士 第九惑星戦役』も機内で楽しめる。前作の好評を得てと言っていいだろう。
上映は全12話が日本語音声・英語字幕で鑑賞できる。シンガポール航空のネットワークは、世界34カ国・61都市に及ぶ。日本では東京(羽田、成田)、大阪、名古屋、福岡の4都市に就航している。利用する際にはぜひ視聴してみたい。

本作は日本のみならず世界でも人気の高い作品だ。インターネット動画配信プラットフォーム・Netflixでは2014年から海外配信を行なっている。
機内上映は、多くの視聴者を持つ隠れた大型サービスだ。従来のファン以外に作品を届ける方法ともなっている。機内での上映は世界各国の乗客に向けても大きなアピールになるだろう。

『シドニアの騎士』は弐瓶勉さんが「月刊アフタヌーン」(講談社)にて連載していたマンガが原作だ。対話不能の異生物・奇居子に太陽系を破壊され、巨大な船シドニアで宇宙を漂流する本格SF作品として人気を博した。2014年にテレビアニメ化がスタート。2015年には第2期『シドニアの騎士 第九惑星戦役』が放送された。
アニメーション制作は『トランスフォーマー プライム』『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』などで海外から高い評価を受けたポリゴン・ピクチュアズが担当した。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集