「頭文字D」ラッピングカーがラリーに参戦 シリーズチャンピオンを目指す | アニメ!アニメ!

「頭文字D」ラッピングカーがラリーに参戦 シリーズチャンピオンを目指す

ニュース

(C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
  • (C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
  • (C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 製作委員会
  • 牟田周平選手
『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』は2016年2月6日に全国公開を迎える。それを記念し、本作のラッピングカー2台が実際のラリーに参戦することになった。11月1日に愛知県内で開催される「TRDラリーチャレンジ新城」に要注目だ。

ラリーはレースとは異なり一般公道で実施されるモータースポーツである。決められた区間で1台ずつタイムアタックを行い、様々な路面環境の中でテクニックと速さを競っていく。公道バトルを繰り広げる「頭文字D」に相応しいイベントであり、作中さながらのスピード感を味わうことができる。
今回参戦するのは「頭文字D藤原とうふ店クスコ86」と「モルフォ頭文字DサミーK186」の2チーム。とくに白黒ボディのクスコ86のドライバーである牟田周平選手は、現在ポイント上位に位置していており、「TRDラリーチャレンジ新城」の成績次第ではチャンピオンになる可能性もある。牟田選手の走りに期待したい。

さらにTwitterではキャンペーンも開催。「TRD ラリーチャレンジ新城」に参戦するラッピングカーの写真を撮影し、ハッシュタグ「#頭文字D ラリー」を付けて投稿すると、非売品の劇場用ポスターが抽選で10名にプレゼントされる。期間は10月31日8時から11月1日17時まで。当選者は11月上旬にダイレクトメールで連絡される。

『頭文字D』はしげの秀一さんが「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載していたマンガが原作だ。本作は2014年からスタートした新劇場版の最終章にあたり、主人公・藤原拓海と赤城の白い彗星と呼ばれる高橋涼介のバトルが描かれる。拓海役の宮野真守さんと涼介役の小野大輔さんの掛け合いも見どころである。
[高橋克則]

『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』
2016年2月6日(土)公開
(C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字D」L3 作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集