fripSideが神奈川県民ホールをグリーンに染める 「Two souls -toward the truth-」と共に | アニメ!アニメ!

fripSideが神奈川県民ホールをグリーンに染める 「Two souls -toward the truth-」と共に

イベント・レポート

fripSideが神奈川県民ホールをグリーンに染める 「Two souls -toward the truth-」と共に
  • fripSideが神奈川県民ホールをグリーンに染める 「Two souls -toward the truth-」と共に
  • fripSideが神奈川県民ホールをグリーンに染める 「Two souls -toward the truth-」と共に
  • fripSideが神奈川県民ホールをグリーンに染める 「Two souls -toward the truth-」と共に
2015年10月10日、横浜の神奈川県民ホールにて「fripSide concert tour 2015 ~infinite synchronicity~」のライブが開催された。9月22日にスタートした全国8都市ツアーの3都市にあたる。チケットは8公演とも早々に完売、いまのfripSideの勢いをみせつけた。
fripSideは八木沼悟志プロデュースによる音楽ユニットとして2002年に結成。2009年からは現在ボーカルの南條愛乃をボーカルに第2期として活動している。アニメやゲームとのタッグも多く、「only my railgun」「sister's noise」「black bullet」と次々にヒットを飛ばしている。現在は、人気アニメ『終わりのセラフ』名古屋決戦編のオープニングテーマとして「Two souls -toward the truth-」がオンエアされている。

10日のライブは、レーザーによる演出で幕を開けた。スタートの曲は「only my railgun」。イントロが流れると会場のボルテージは一気に高まった。セットリストは、シングル曲やゲーム主題歌、アルバム曲などfripSideを堪能できるもので構成された。
またMCでは、「ひだまりバスケット」にまつわるエピソードも披露された。「fripSideの2期の活動は「only my railgun」ではなく、「ひだまりバスケット」から始まったという。当時手さぐりで制作され、南條愛乃がfripSideとして初めて歌詞を書いたのもこの曲だったという。

さらに終盤では、最新曲となる「Two souls -toward the truth-」を熱く歌いあげた。会場ではアニメをイメージしてグリーンのペンライト一色で会場が覆い尽くした。「Two souls -toward the truth-」は、12月にリリースを予定している。
またライブツアーは今後大阪、仙台、北海道、広島を回り、12月13日には東京/府中の森芸術劇場 どりーむホールにて最終日を迎える。2015年末に向けて、fripSideの歌声が全国に響き渡ることになりそうだ。

八木沼悟志
「ツアーも大阪で折り返し地点。今回のライブでは前半戦をAブロック、後半戦をBブロックとしてセトリも変えていきますのでお楽しみに。「終わりのセラフ」名古屋決戦編 OPテーマ「Two souls -toward the truth-」もよろしく!」

南條愛乃
「神奈川県民ホールは学生の頃によくライブを見に来ていた場所だったので、「思い出」も「思い入れ」もあり気合が入りました。お客さんも熱いけどマナーよく観覧してくださったので楽しい時間を過ごすことができました!」

fripSide ニューシングル「Two souls -towrd the truth-」
テレビアニメ「終わりのセラフ」名古屋決戦編 オープニングテーマ
発売日: 2015年12月2日
初回限定盤(CD+DVD) 税抜1800円
通常盤(CD) 税抜1200円
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集