スタジオジブリが釜山国際映画祭でアワード受賞 鈴木敏夫氏がレッド・カーペットに登場 | アニメ!アニメ!

スタジオジブリが釜山国際映画祭でアワード受賞 鈴木敏夫氏がレッド・カーペットに登場

ニュース

鈴木敏夫/第20回釜山国際映画祭レッド・カーペット
  • 鈴木敏夫/第20回釜山国際映画祭レッド・カーペット
  • サイモン・ヤム/第20回釜山国際映画祭レッド・カーペット
  • タン・ウェイ/第20回釜山国際映画祭レッド・カーペット
  • ソン・イェジン/第20回釜山国際映画祭レッド・カーペット
  • ソン・ガンホ/第20回釜山国際映画祭レッド・カーペット
  • ナスターシャ・キンスキー/第20回釜山国際映画祭レッド・カーペット
  • キム・ナムギル&チョン・ドヨン/第20回釜山国際映画祭レッド・カーペット
  • ムン・ソリ/第20回釜山国際映画祭レッド・カーペット
10月1日(現地時間)、第20回釜山国際映画祭が韓国・釜山市で開幕した。ハ・ジウォン、「KARA」のギュリ、ソン・イェジン、ムン・ソリ、イ・テラン、タン・ウェイらが華やかなドレスでレッドカーペットを飾った。中でも一番の盛り上がりを見せたのが、チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフンという男性トップスターがサプライズでギャング風に一斉に登場したときで、雨の中集まったファンから大歓声があがった。

このほか、「EXO」のスホ、イ・ジョンジェ、『無頼漢 渇いた罪』で共演したチョン・ドヨンとキム・ナムギル、名優アン・ソンギら韓国スターに加え、サイモン・ヤム、チャン・チェン、ジョニー・トー、ハーヴェイ・カイテル、ニューカレンツ部門の審査員を務めるナスターシャ・キンスキーら海外ゲストも数多く参加した。

開幕式の司会は、韓国を代表する演技派俳優ソン・ガンホと、アフガニスタンの女優マリナ・ゴフバハーリが務め、オペラ歌手スミ・ジョーの華麗な歌声と花火が開幕を告げた。セレモニーでは、アジアを代表する映画製作者に贈られるアジアン・フィルムメイカー・オブ・ジ・イヤーとしてスタジオ・ジブリが表彰された。ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは作務衣姿で賞を受け取り、「日韓国交正常化50周年という記念の年に、選ばれたことに感謝します」と語ると、大きな拍手がわき上がった。

BIFFの愛称で知られアジア最大規模の映画祭である釜山映画祭は昨年、釜山市長からの上映中止要請を振り切り、セウォル号沈没事件を告発するドキュメンタリー映画『ダイビング・ベル』を上映したことから、市長がイ・ヨングァン執行委員長に辞任を要求したり、予算削減を打ち出すなど対立。20周年を迎える今年はイ・ヨングァン委員長が共同委員長として、『シバジ』などのベテラン女優カン・スヨンを迎えたことで市側と和解、新たにスタートを切ることになった。ベネチア、モスクワをはじめ多くの映画祭で女優賞に輝くカン・スヨンは「映画祭は今後も政治的独立性を維持する」と宣言して、映画人からの尊敬を集めている。

この日の釜山は朝から強風警報が出るほどの悪天候。そのため飛行機の欠航や遅延が相次ぎ、『ピンクとグレー』の中島裕翔、菅田将暉、行定勲監督らを始め、日本からのゲストの多くは到着が大幅に遅れ、残念ながら開幕式に参加ができなかった。映画祭は10日まで行われ、日本からも佐藤健、長澤まさみ、是枝裕和監督らが参加する予定だ。

【第20回釜山国際映画祭】ジブリ鈴木敏夫、レッド・カーペットに登場!

《photo / text:Ayako Ishizu》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集