「BIOHAZARD THE STAGE」 制作発表会レポート 豪華キャストで初の舞台化 | アニメ!アニメ!

「BIOHAZARD THE STAGE」 制作発表会レポート 豪華キャストで初の舞台化

イベント・レポート

「BIOHAZARD THE STAGE」 制作発表会レポート 豪華キャストで初の舞台化
  • 「BIOHAZARD THE STAGE」 制作発表会レポート 豪華キャストで初の舞台化
  • 「BIOHAZARD THE STAGE」 制作発表会レポート 豪華キャストで初の舞台化
  • 「BIOHAZARD THE STAGE」 制作発表会レポート 豪華キャストで初の舞台化
  • 「BIOHAZARD THE STAGE」 制作発表会レポート 豪華キャストで初の舞台化
9月16日、渋谷にて『BIOHAZARD THE STAGE』の制作発表会が行われた。原作であるゲームは1996年にカプコンより発表されたホラーアクションアドベンチャーゲーム、全世界で売り上げは6500万本を超える。
舞台版の主人公となるタイラー・ハワードには、矢崎広がキャスティングされた。ミュージカル『薄桜鬼』の土方歳三役で注目され、着実に実力をつけている。今年はミュージカル『SAMURAI7』や『タイタニック』等の大作に出演している。ヒロインのメアリー・グレイには元AKB48の倉持明日香。卒業して初の大きな”仕事”となる。
会見には、他に栗山航、中村誠治郎、Raychell、紗綾、大倉士門、千葉真一、小林裕幸(CAPCOM)、ヨリコジュン(脚本・演出)が出席した。

ステージでは各キャストがそれぞれ意気込みを語った。矢崎は「この世界的人気ゲームに関われること、そして僕も、この『BIOHAZARD』を小さい頃からやって育ったので、この世界に入れるのは嬉しく思いますし、主人公を演じるのは光栄。この素晴らしい方々と一緒で、学べることもたくさんあります。設定は聞くだけでワクワクする程の世界観、高揚しています。最後まで突き進みます!」と元気よくコメント。
続いて栗山は「この『BIOHAZARD』の舞台、嬉しくて幸せです。初舞台なので、緊張、プレッシャーです。先輩達の背中をみて頑張ります!」と初々しい発言。

中村は「僕は原作が大好きで、原作好きな皆さんの期待を裏切らないように、筋トレ、一生懸命やってます!本番までに3キロ増やそうと思います!」と肉体改造宣言が飛び出した。キャラクターの特徴は卓越した戦闘能力の持ち主、本番の”ビジュアル”が楽しみだ。
続いて倉持は「卒業して初めての大きな作品で、ワクワクしています。(舞台の)オリジナルキャラクターですが、本番までにIQを高くすることは出来ませんが(笑)、クイズ番組を観て頑張ります!」とこちらは負けじと”頭脳改造”宣言。役柄ではIQ230という超絶な頭脳の持ち主でしかも美人、という設定だ。

Raychellは「ゲームも映画もずっと観てきましたので(出演は)夢のようです。オリジナルキャラクターで、セクシーでかっこいい役です。2016年の1月に発売される『バイオハザード 0 HD リマスター』の曲(『Until the Justice』)を歌いますが、この曲は舞台でも!!舞台とゲーム、『BIOHAZARD』頑張ります」舞台で一足早く楽曲が聞けるのは嬉しいニュースだ。
続いて紗綾は「幼い頃からこのゲームをやっていました。今回の舞台に出られると知った時は嬉しくって!(舞台の)オリジナルキャラクターで可愛い女性の役です。ゲームキャラに負けないくらい可愛く演じます!」とこちらは”打倒ゲームキャラ”宣言。大倉は「僕は舞台自体が初めてなので……わからないことだらけで緊張しています。いろんなことを(舞台から)盗んで頑張ります」とコメント。

”世界の千葉”は「1人だけ場違いな(笑)、こんな雰囲気でやる作品は初めてですね。ゲームはあんまり好きじゃない……まあ、時代が新しくなっているので、こういう世界に入って……私も伸びしろがありますから、若者と一緒に(演じて)、次の自分の作品の肥やしになればと。自信はないです(笑)演出家にお任せいたします」とコメント。

カプコンの小林は「20年ぐらい、この『BIOHAZARD』に関わっていまして、映画の方も関わっております。もう撮影に入っているみたいですが、舞台の方も、このたび担当させて頂くことになりました。『戦国BASARA』とは違った、また新しい舞台にチャレンジです。素敵な役者さん、生の演技をダイレクトに伝えるエンターテイメントです。誰が死ぬとか言えないんですが(笑)、楽しめる舞台になっています!」と力を込めて語った。

演出のヨリコ・ジュンは「プレッシャーは凄く感じますが、とても好きな作品です。ゲームファンの期待を裏切らないように。舞台はお芝居なんで、物語を考えました。小林さんからもご指導頂きまして、”舞台っていいよね”とか”ゲームもいいね”とか”映画、いいね”と広がりが持てればいいなと思います」と話す。   
演出プランはネタバレになってしまうので、なかなか難しいところではあるが「ゾンビなんですが、表現の仕方で一概に”怖い”だけでなく、人間が作った、自分が作ったものに翻弄される、原作のストーリー……人間、この辺を重要視しています。アトラクションみたいにしようとは思っていないです。でも実際に画面を見ているファンの皆さんに”舞台になると、こういう表現になるんだ~”というメッセージ性のある作品にしたいと。思いはそういうことです」とコメントした。舞台『銀河英雄伝説』の演出等で結果を残しているヨリコ・ジュン。どんなステージングを展開させてくれるのか楽しみである。

小林は「初の舞台化、ちゃんとしたものにしないと。ゲームの3キャラクターを演出して頂けるので……。ゲームの5と6の間のお話です。『BIOHAZARD』の来年の主人公のレベッカ、ゲーム以外で出るのは初めてとなります。そして(舞台の)オリジナルキャラクターがどうなっているのか、面白い舞台になると思います!」と太鼓判を押す。

公演は10月22日より11月1日まで六本木のEX THEATER ROPPONGIにて。どんな舞台になるのか、どんなサプライズがあるのか。キャッチコピーは”映像と闇による、新たな舞台空間を体感せよ!”、『BIOHAZARD THE STAGE』が世界に羽ばたくかもしれない、そんな期待感の持てる会見であった。
《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集