10月より放送「ルパン三世」 カギを握る新キャラ“レベッカ”に藤井ゆきよ | アニメ!アニメ!

10月より放送「ルパン三世」 カギを握る新キャラ“レベッカ”に藤井ゆきよ

ニュース

原作:モンキー・パンチ(C)TMS
  • 原作:モンキー・パンチ(C)TMS
  • 原作:モンキー・パンチ(C)TMS
2015年10月から新たに始まるテレビアニメ『ルパン三世』のキャラクターの声優が明かされた。新キャラクターのレベッカ・ロッセリーニ役だ。藤井ゆきよさんが演じる。
藤井ゆきよさんは、『サカサマのパテマ』のパテマ役、『甘城ブリリアントパーク』でラティファ・フルーランザ役を演じている。ゲームや吹き替え、テレビドラマなどでも幅広い活動をしている。

レベッカ・ロッセリーニはすでにPVにも登場、第1話のあらすじではルパンと結婚式をあげることが公開され、話題となった。モデルや女優としても活躍しながら、若くしてサンマリノ共和国を代表する財閥の会長であり、世界的に有名なゴシップクイーンという設定だ。
一方で誰にも言えない秘密を持つとのことで、物語にも大きく絡んでききそうだ。新シリーズでどのようにルパンたちと関わるのか注目を集める。

藤井ゆきよさんは今回の決定について、次のようにコメント。「子供の頃から見ていた『ルパン三世』にまさか自分が出演する事が出来るなんて想像もしていませんでした。最初の収録の時に『ルパンファミリー』の皆様の声を聞いた時はすごく感動したのと同時に、自分もその場にいたことが今でも不思議な感覚です。
収録を重ねて行く度に、その場に居られる事の幸せを、そして新キャラクターを演じさせて頂ける重責を実感しました。先輩やスタッフの方、沢山の方々の力をお借りして精一杯頑張りました! 『ルパン三世』の新しいシリーズ、楽しみにしてて下さい!よろしくお願いいたします!!」。

『ルパン三世』は30年ぶりのテレビシリーズとして大きく注目を集めている。10月1日より、日本テレビなどで放送されることが決定し、新たな情報が登場するたびに話題となっている作品だ。次はどのような情報が明かされるのか、引き続き注目したい。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集