サンライズ制作、異色アニメ「森のおんがくだん」配信スタート 公式サイトもオープン | アニメ!アニメ!

サンライズ制作、異色アニメ「森のおんがくだん」配信スタート 公式サイトもオープン

ニュース

(C)SUNRISE/PONY CANYON
  • (C)SUNRISE/PONY CANYON
  • (C)SUNRISE/PONY CANYON
  • (C)SUNRISE/PONY CANYON
  • (C)SUNRISE/PONY CANYON
  • (C)SUNRISE/PONY CANYON
  • (C)SUNRISE/PONY CANYON
サンライズによる謎のアニマルアニメ『森のおんがくだん』の配信が7月30日にスタートした。
監督・脚本には「銀魂」シリーズを手がけてきたスタッフを起用した。動物たちの顔を実写で取り込むなどシュールな演出が目立つ異色作だ。

『森のおんがくだん』は森の奥に住む動物たちがバンドを結成する物語だ。ストーリーだけ聞くとほのぼのとした子供向け作品のように思えるが、動物たちの顔が実写だったり、ジャージを着ていたりと、摩訶不思議な世界観が魅力のショートアニメである。
キャストはネズミ役にお笑いトリオ・トンツカタンの森本晋太郎さんを起用。田舎のヤンキー風なキャラクターを演じている。そのほか、アライグマ役は三宅健太さん、リス役は芹澤優さん、イノシシ役は白熊寛嗣さんが担当しており、軽快な掛け合いが癖になってしまう内容となった。



監督は「銀魂」シリーズや『貧乏神が!』などを手がけた藤田陽一が担当。脚本はシナリオライター・放送作家で、現在放送中の「銀魂」新シリーズでも活躍している松原秀を起用した。2015年秋開始の新作テレビアニメ『おそ松さん』でタッグを組む二人によるアニマルロックンロールアニメーションに期待したい。
キャラクターデザイン・美術デザインは日本在住フランス人マンガ家で、『ミロの世界』などの作品を手がけるクリストフ・フェレラさんが担当する。ビジュアルデザインは丹波伸輔さん、音楽は松浦武臣さんが務めている。

『森のおんがくだん』は、とある森が舞台。アライグマがいつものように川で何かを洗っていると、やさぐれたネズミとノリノリのリスが現れた。ネズミは「このまま腐っていていいのか!?」と投げかけ、バンドの結成を持ちかける。
彼らはこの時まだ知らなかった。自分たちが後世に語り継がれる伝説の渦中にいることを……。
[高橋克則]

[スタッフ]
監督: 藤田陽一
脚本: 松原秀
キャラクターデザイン・美術デザイン: クリストフ・フェレラ
ビジュアルデザイン: 丹波伸輔(造形家・コラージュデザイン)
音楽: 松浦武臣(ゼータCD「ZETA」トランスほか)
制作: サンライズ

[キャスト]
ネズミ: 森本晋太郎(トンツカタン)
アライグマ: 三宅健太
リス: 芹澤優
イノシシ: 白熊寛嗣
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集