宮崎駿や近藤喜文の直筆原画など、貴重な資料を展示「THE 世界名作劇場展」レポート | アニメ!アニメ!

宮崎駿や近藤喜文の直筆原画など、貴重な資料を展示「THE 世界名作劇場展」レポート

イベント・レポート

宮崎駿や近藤喜文の直筆原画など、貴重な資料を展示「THE 世界名作劇場展」レポート
  • 宮崎駿や近藤喜文の直筆原画など、貴重な資料を展示「THE 世界名作劇場展」レポート
  • 宮崎駿や近藤喜文の直筆原画など、貴重な資料を展示「THE 世界名作劇場展」レポート
  • 宮崎駿や近藤喜文の直筆原画など、貴重な資料を展示「THE 世界名作劇場展」レポート
  • 宮崎駿や近藤喜文の直筆原画など、貴重な資料を展示「THE 世界名作劇場展」レポート
  • 宮崎駿や近藤喜文の直筆原画など、貴重な資料を展示「THE 世界名作劇場展」レポート
  • 宮崎駿や近藤喜文の直筆原画など、貴重な資料を展示「THE 世界名作劇場展」レポート
  • 宮崎駿や近藤喜文の直筆原画など、貴重な資料を展示「THE 世界名作劇場展」レポート
  • 宮崎駿や近藤喜文の直筆原画など、貴重な資料を展示「THE 世界名作劇場展」レポート
数々の名作アニメを世に送り出してきた制作スタジオ・日本アニメーションが2015年に創業40周年を迎えた。それを記念して東武百貨店 池袋店では『THE 世界名作劇場展 ~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~』が7月30日(木)より8月18日(火)まで開催中だ。

日本アニメーションは創業当時から「世界中の子どもたちと家族に向けた、心を豊かに育むアニメーションづくり」を目指し続けている。
企画展会場には日本アニメーションが手がけた作品の一般初公開となる貴重な直筆原画、スケッチ、イメージボード、レイアウトなどが並ぶ。『フランダースの犬』からはじまり『母をたずねて三千里』『赤毛のアン』『小公女セーラ』『ピーターパンの冒険』『ロミオの青い空』など、数々の名作を生み出してきた「世界名作劇場」と、『みつばちマーヤの冒険』『未来少年コナン』『ちびまる子ちゃん』などである。

森やすじさんや遠藤政治さんといった日本アニメーションの初期を支えた伝説的アニメーターによる直筆のキャラクター設定画や、宮崎駿さんによる『赤毛のアン』のレイアウト、『未来少年コナン』のキャラクター設定画なども展示されている。『赤毛のアン』キャラクターデザインでもあり初期のスタジオジブリを支えた一人、近藤喜文さんの原画も見ることができる。
日本アニメーションが関係各所から集めたもので、膨大な点数に及ぶ資料から“クリエイター”に焦点を当てた原画等が展示されている。

「世界名作劇場」は世界で放送されることも念頭に置かれ、作品舞台のロケハンも入念に行われた。“海外の視聴者が自国を舞台にした作品に違和感を抱かないように”という思いも込められているとのこと。
『母をたずねて三千里』の美術を担当した椋尾篁(むくお・たかむら)さんは、イタリアの街並みを実際に見て、その強い陰影を美術に反映させるようになったという。世界各地の建築にも細心の注意は払われており、煙突ひとつとっても描き分けられた、こだわりの美術ボードもじっくりと鑑賞できる。

『ちびまる子ちゃん』のコーナーではセル画と背景が組み合わされたものが展示されている。セル画と背景がどのように描き分けられていたのか、どの部分がセル画となっているのか、そういったところに気を配りながら見るのもいいだろう。

全ての原画やキャラクター設定画、美術ボードは直筆だ。各クリエイターたちの筆はこびや消しゴムの跡までが一枚一枚に残されている。日本アニメ史に名を刻むクリエイターたちの歩んだ軌跡を「世界名作劇場」を軸として堪能できる貴重な機会だ。
ちなみに遠藤政治さんはTVアニメ『山ねずみロッキーチャック』の監督でもある。昨年末から今年3月まで放送され話題となったTVアニメ『SHIROBAKO』の主人公・宮森あおいが好きなアニメとして挙げている『山はりねずみアンデスチャッキー』のモデルとなった作品、というと想像しやすいかも知れない。『ロッキーチャック』は日本アニメーション制作ではないので展示はないが、生みの親の描いた絵は豊富に展示されている。そういった繋がりをはじめ、日本アニメのひとつの歴史を、楽しみながら、懐かしみながら見ることができる企画展となっている。

物販コーナーも豊富にあるのでお土産をついつい買いすぎてしまいそう。会場のそばには『赤毛のアン』のアンが窓辺で空を見上げるカットを再現できる写真コーナーもあるので、記念写真もぜひ撮りたいところだ。取材時には『あらいぐまラスカル』のラスカルが登場、アンの窓辺を実演してくれたので近いカットで撮影してみた。

『THE 世界名作劇場展』開催を記念して、日本アニメーションの公式HPでは「世界名作劇場」シリーズの作品・キャラクター投票も実施中(7月30日~8月23日)だ。

家族連れからアニメファンまで、幅広い層が楽しめる本展は8月18日まで。ぜひ足を運びたい。

「THE 世界名作劇場展 ~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」
会場: 東武百貨店 池袋店8F催事場(2~3番地)
期間: 2015年7月30日(木)~8月18日(火)午前10時~午後8時(最終日午後5時閉場、入場は各日閉場30分前まで)
《細川洋平》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集