「Dimension W」アニメ化決定 岩原裕二のティザービジュアルも公開 | アニメ!アニメ!

「Dimension W」アニメ化決定 岩原裕二のティザービジュアルも公開

ニュース

「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)で掲載中の人気マンガ、岩原裕二の『Dimension W』がテレビアニメ化される。このほどアニメ化決定が発表され、いち早くもスタッフが明かされた。
また公式サイトもオープン、情報発信を開始した。ティザービジュアルも発表されており、作品の世界観を窺うことが出来る。

『Dimension W』の原作者・岩原裕二は人気マンガ家としてお馴染みだ。テレビアニメ『DARKER THAN BLACK』シリーズでキャラクター原案を手がけるなど多彩な活動をする。『Dimension W』は2011年から「ヤングガンガン」で連載開始、単行本は7巻まで発売されている。
物語の舞台は西暦2072年、「コイル」と呼ばれるエネルギーを取り出す次元間電磁誘導装置を巡って展開する。回収屋マブチ・キョーマと謎の少女・ミラの2人が正規ルートではない不正コイルを回収し、その真実を追うところからスタートする。

監督を『うさぎドロップ』や『冴えない彼女の育てかた』を手がけた亀井幹太が務める。シリーズ構成は『DARKER THAN BLACK-黒の契約者-』や『輪廻のラグランジェ』のシリーズ構成を担当した菅正太郎。
キャラクターデザインは『らんま1/2』や『NARUTO-ナルト-』、『テイルズ』シリーズなど数多くの原画やキャラクターデザインを手がけた松竹徳幸が担当する。アニメーション制作は『天体のメソッド』を手がけたStudio 3Hzと『攻殻機動隊 劇場版』、『艦隊これくしょん-艦これ-』などのCGディレクションを行ったオレンジがタッグを組む。新しい映像を期待できそうだ。

本作は早速、第54回日本SF大会「米魂」へ参加する。8月29日に伝統のイベントでパネルディスカッションを実施、原作者の岩原裕二、Studio 3Hzのプロデューサー松家雄一郎が登壇する。
放送日時やキャストの詳しい詳細は明かされていないが、今後、順次告知されることになる。続報が期待される。

テレビアニメ『Dimention W』
http://dimension-w.net/

[スタッフ]
原作: 岩原裕二(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督: 亀井幹太
シリーズ構成: 菅正太郎
キャラクターデザイン: 松竹徳幸
アニメーション制作:
Studio 3Hz×ORANGE

『Dimention W』
(C)YUJI IWAHARA/SQUARE ENIX
(C)岩原裕二/スクウェアエニックス・DW製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集