シュワちゃん「ターミネーター」では12年ぶりの来日 記者会見で明かした“テーマは親子愛” | アニメ!アニメ!

シュワちゃん「ターミネーター」では12年ぶりの来日 記者会見で明かした“テーマは親子愛”

イベント・レポート

シュワちゃん「ターミネーター」では12年ぶりの来日 記者会見で明かした“テーマは親子愛”
  • シュワちゃん「ターミネーター」では12年ぶりの来日 記者会見で明かした“テーマは親子愛”
  • シュワちゃん「ターミネーター」では12年ぶりの来日 記者会見で明かした“テーマは親子愛”
アーノルド・シュワルツェネッガーが12年ぶりにターミネーターとして帰ってきた。これに合わせて7月5日(日)には、パークハイアット東京にて『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の記者会見が行われた。
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』はシリーズ第5作目。監督は『ゲーム・オブ・スローンズ』『マイティー・ソー/ダーク・ワールド』のアラン・テイラーだ。
アーノルド・シュワルツェネッガー演じるT-800とエミリア・クラーク演じるサラ・コナーが親子の絆で結ばれているという、シリーズファンにとっては驚きの設定が明かされている。大きな軸を元に新たな構想を練られた結果である。大胆な試みには『T1』『T2』のジェームズ・キャメロン監督からも「これは私に取ってのターミネーター三作目だ」というコメントも明かされている。

記者会見に出席したのはT-800を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーとサラ・コナーを演じたエミリア・クラークのふたり。16回目の来日となるシュワルツェネッガーは「映画も知事時代の貿易会議でも日本では成功した経験ばかり。アイラブジャパンだ」と心境を語った。
一方、初来日となったエミリアは「素敵な滞在ですし、今、シュワルツェネッガーの隣にいられることもラッキーだと実感しています」と述べた。

本作でシュワルツェネッガーは30年前のT1の自分と戦うシーンも描かれる。シュワルツェネッガーは「撮影は大変で4日間かかったんだ。若くていいボディービルダー・俳優の人が昔の自分を演じてくれたんだけど、彼が見つかって幸運だったよ」と撮影をふり返った。
またトレーニングは今でも欠かさずしているとのこと。「世界中どこのホテルにも今はジムがあるからね。朝5時半から1時間みっちりやるよ」
トレーニングで苦労したのは新ヒロインのエミリアの方で「アクションは無経験だったからトレーニングは大変でした。中でも拳銃は持つのも初めて。サラは『10年以上扱ってきた』という役柄なので、たくさんトレーニングをしました。おかげですっかり慣れました」と語った。

本作の大きなポイントでもある親子愛についてエミリアは「T-800はサラにとってお父さんであり全力で守ってくれる保護者。そして来るべき未来のための情報源でもある。映画ではマシーンの父と人間の娘を詩的に描いた美しいシーンがいくつもあります」とコメントした。
シュワルツェネッガーは「ターミネーターのファンはアクションやVFXに期待するかも知れないけど、T-800とサラの関係に胸を打つだろうということは特別に言っておきたいね。エミリアもすばらしかった」と語り記者会見を終了した。
[細川洋平]

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月10日(金)より全国公開
配給:パラマウントピクチャーズ
《細川洋平》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集