『ターミネーター』本編映像「待ちくたびれたぜ編」を配信 新旧T-800がガチンコ対決 | アニメ!アニメ!

『ターミネーター』本編映像「待ちくたびれたぜ編」を配信 新旧T-800がガチンコ対決

ニュース

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月10日に日本での全国公開を迎える。ロードショーに先駆け、本編映像「待ちくたびれたぜ編」の配信がスタートした。アーノルド・シュワルツェネッガーが演じた新旧のT-800ターミネーターが対決するファン必見の内容となった。

本編映像「待ちくたびれたぜ編」は第1作『ターミネーター』で未来から現れたT-800ターミネーターが、人間と初めて対峙する名シーンをカット割りも含めて完全再現。そこへ歳を重ねたT-800がお決まりの武器ショットガンを手に持ち登場する。
「待ちくたびれたぜ」とクールなセリフを放ち、シュワ VS シュワの壮絶なガチンコバトルを繰り広げる。新旧のターミネーターのバトルは果たしてどちらに軍配が上がるのだろうか。



本作では若きシュワルツェネッガーのシリコン製レプリカを制作。レプリカは危険すぎて生身の人間には演じられないようなシーンや、若い自分自身と出会うシーンで使用された。また新旧対決シーンではボディ・ビルダーのブレット・アザーが若いシュワルツェネッガーを演じ、当時の顔はCGで構築している。

『ターミネーター3』以来12年ぶりの復帰となるシュワルツェネッガーは、出演に際してシリーズを再見したことを明かした。「私の場合は、ある意味同じキャラクターを演じるので、以前の作品と同じターミネーターにならなければというプレッシャーを感じた。最初の3作品の自分の演技を観なおしたよ。そのおかげで、素早くキャラクターに入り込み、演じ続けることができたんだと思う」とコメント。
第1作目公開当時の自分と対峙することについては「あれから何が起きてこうなっちゃったんだ、ってどうしたって自問したくなるよ(笑)。すごいことだよ。今の技術では、昔の私の動きとまったく同じものを作れるんだ」と驚きを隠せない様子を見せた。
[高橋克則]

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月10日(金)全国ロードショー
http://www.terminator-movie.jp/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集