“冒険に出るワクワク感を味わってほしい”「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」初日舞台挨拶 | アニメ!アニメ!

“冒険に出るワクワク感を味わってほしい”「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」初日舞台挨拶

イベント・レポート

7月4日、イオンシネマ板橋にてアニメーション映画『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』の初日舞台が行われた。シンドバッド役の村中知さん、サナ役の田辺桃子さん、アリ役の永澤菜教さんが登壇し、本作の魅力を語った。

『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』は、「世界名作劇場」シリーズを手がける日本アニメーション40周年記念作品だ。『千夜一夜物語』を原案に劇場オリジナルアニメ3部作として、シンドバッドたちの冒険を壮大なスケールで描き出す。

公開初日を迎えたことについてシンドバッド役の村中さんは「緊張と喜びが入り混じった感じです。作品をご覧になった感想をもらうのが楽しみです」と述懐した。
サナ役の田辺さんは今回が声優挑戦で、自身の声がキャラクターに乗っている感覚が新鮮だったという。アフレコではテイクを重ねるなど苦労もあったが、先輩である永澤さんが引っ張ってくれたそうだ。永澤さんは「船の乗り方を教えるのが先輩の役目ですから」と自身が演じるキャラクターに絡めてコメントした。

続いて、演じるキャラクターへの想いをそれぞれが語っていった。村中さん演じるシンドバッドは、広い世界を見るために冒険の旅に出る好奇心旺盛な少年だ。演じるにあたり村中さんは「見てくれる方がワクワクして童心に戻れるよう演じました」と語った。
一方、田辺さん演じるヒロイン・サナは、今は滅びたとされる魔法族の国の姫。「正義感があって女性からみてもカッコいいし、そのうえ優しさもある」と魅力を述べたうえで、「シンドバッドと過ごすうちに変化していくサナの心情に注目してほしい」と話した。

最後に村中さんは「親御さんには童心に帰ってもらいたいし、子どもの方は冒険へのワクワク感を味わってほしいです。家族や友だちとぜひ一緒にみてください」とアピール。
田辺さんは「サナやシンドバッドは、大人でも子どもでも『がんばれ』と応援したくなるキャラクターです。その気持ちを共有しながらみんなで見てほしいです」とコメント。
永澤さんは「3部作の1作目で、キャラクターたちが冒険へと旅立つ気持ちが丁寧に描かれています。『僕たちはどこへだって行ける』という気持ちになってほしいです。ぜひ3本合わせてみてください」と締めくくった。

シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島
7月4日(土)全国公開中
http://www.sinbad.jp/
(c)プロジェクトシンドバッド
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集