東京国際ブックフェア会期迫る 専門セミナーで「楽園追放」水島精二監督らが講演 | アニメ!アニメ!

東京国際ブックフェア会期迫る 専門セミナーで「楽園追放」水島精二監督らが講演

ニュース

7月1日から4日にかけて東京ビッグサイトにて、国内最大級のブックフェア「第22回東京国際ブックフェア」が開催される。世界20カ国より470社が出展する本イベントは、前半2日間は書籍の商談目的にビジネスパーソンを対象に、後半2日間は特別価格で本を販売するなど一般客に向けて開催される。
会期中は各種講演やセミナー、シンポジウムが開催される。内容は多種多様で「本」以外にも「アニメ」「映画」などコンテンツビジネス全般を扱う。

7月2日の基調講演をKADOKAWA 取締役会長・角川 歴彦が務める。「一億総クリエイター時代の本格的到来とコンテンツ産業の未来」と題し講演を行う。
日本のポップカルチャーの強みを“裾野の広さ”と捉えたうえで、今後テクノロジーの発展とともにどのように産業として発展させていくべきかを説く。

さらにアニメファン注目のセミナーが「セルルック3DCG『楽園追放』、大ヒットの舞台裏」である。アニメーション監督・水島精二氏と東映アニメーション 映像企画部 プロデューサー・野口 光一氏のふたりが、2014年公開の劇場アニメ『楽園追放 -Expelled from Paradise-』を題材に講演する。オリジナル作品をフル3DCGで長編アニメ化したその制作の舞台裏をトークする。

また、近年盛り上がりを見せるネット配信事業をテーマとしたセミナーが実施される。「地上波の王者はネットでどう戦う? ~日テレ×huluが見つけた「戦略」とは~」と題し、huluを運営するHJホールディングス 職務執行者社長・船越 雅史が講演を行う。
「先行配信」を実施し新たな視聴者を得た成功事例などを交えつつ、現huluの責任者自らがネット配信事業のビジネス展開を語る。

そのほかにも専門性が高いセミナーが数多く開催される。セミナーのスケジュールや詳細は公式ホームページにて確認できる。

第22回 東京国際ブックフェア(TIBF2015)
http://www.bookfair.jp
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集