豊永利行×大森監督×横山プロデューサー「アーティスト・豊永利行」を語る/『デュラララ!!×2 転』のOPができるまで-前編- 2ページ目 | アニメ!アニメ!

豊永利行×大森監督×横山プロデューサー「アーティスト・豊永利行」を語る/『デュラララ!!×2 転』のOPができるまで-前編-

『デュラララ!!×2 転』が7月からスタートする。OPテーマには、竜ヶ峰帝人を演じる豊永利行に決定。昨年末メジャーデビューを飾った豊永さん、大森貴弘監督、そして横山朱子プロデューサーにお話を伺った。

インタビュー
――これまでの『デュラララ!!』シリーズは個性の強いロックバンドがオープニングを飾ってきました。今回は初のソロアーティストでもあるわけですが、オープニングのアニメーション制作の手応えはいかがでしょうか。

大森 
絵も「大人っぽい感じ」を狙っています。毎回、統一したスタイルで色合いの違うことをやりたいと思ってやっているので、違うアプローチの曲が来てくれたのはありがたいですね。

――豊永さんにお聞きしたいのですが、『Day you laugh』はどういったところから楽曲制作に着手されたのでしょうか。

abesan豊永 
曲によって全く違うんですが、この曲はサビからでした。アニメ主題歌はサビがキャッチーで分かりやすいものであってほしいと思ってるんです。だからサビとメロディー、この一行だけでいいから覚えてほしいとすごく意識しながら、浮かんだメロディーの中からチョイスしました。

大森 
「ロックンロール」というジャンルと、アバンが入る所の間奏は今までのアーティスト同様、豊永さんにもお願いしました。

豊永 
そうですね。だからサビの次に意識したのはBメロのラスト=サビ直前です。『デュラララ!!』はオープニングでいつも前話回想アバンが入るので、そこにインパクトを残したくてBメロラストは6連符(※)にしました。複雑ですがここだけテンポ感を変えて、間奏からアバンが来るイメージで。ずっとアニメのことを空想しながら書いてましたね。

大森 
アバンから歌に戻る時もう一段テンションが上がってほしいんです。そういう部分も意識して作ってもらいました。

豊永 
要所要所で耳に残りやすい“フレーズ”を緻密に作って行ったので、多くの方に刺さるといいなと思っています。それから“歌詞の意味合い”や“響き”にもいろいろな思いを込めたので、そこも楽しんでいただければと思います。

/

――曲の制作過程も見守ってきた横山プロデューサーから、この曲の注目ポイントを教えていただけますか。

横山
『Day you laugh』に限らないのですが「大人の豊永利行」を意識してきたので、そこをぜひ聞いていただきたいですね。具体的には要所要所で語尾がセクシーなので(笑)。ぜひ楽しんでいただきたいなと思います。

後編に続く (6月30日アップ予定)

TVアニメ『デュラララ!!×2』公式サイト
http://www.durarara.com/
「豊永利行ミュージックサイト」
http://www.toyonaga.info/

《細川洋平》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集