「ど根性ガエル」初実写ドラマ化、松山ケンイチ主演 | アニメ!アニメ!

「ど根性ガエル」初実写ドラマ化、松山ケンイチ主演

ニュース

「ど根性ガエル」×松山ケンイチ/吉沢やすみ/オフィス安井
  • 「ど根性ガエル」×松山ケンイチ/吉沢やすみ/オフィス安井
  • 「ど根性ガエル」/吉沢やすみ/オフィス安井
  • 「ど根性ガエル」/吉沢やすみ/オフィス安井
  • 「ど根性ガエル」/吉沢やすみ/オフィス安井
  • 「ど根性ガエル」/吉沢やすみ/オフィス安井
  • 「ど根性ガエル」/吉沢やすみ/オフィス安井
1970年に少年ジャンプで連載開始、2年後にはアニメ化となった「ど根性ガエル」が俳優・松山ケンイチを主演に迎え、オリジナルストーリーとして実写ドラマ化することが明らかになった。

おっちょこちょいな中学生、ひろし。公園で転んだ先はカエルの上。べちゃっとカエルを潰してしまう。そのカエルは、シャツに張り付つき、平面ガエルとなって復活! さらに不思議なことに、平面ガエルは言葉を操り、人間以上に人間らしい感情を持つ、ど根性ガエルだった。

そして2015年の夏――。14歳だったひろしも、もう大人。みんな大人になり、「ど根性」ですべてが解決! とは、ゆかぬことを知る。だけどつまらない大人にはなりたくない。「根性、根性、ど根性! 泣いて笑ってケンカして」みんなの「人生」と「蛙生」が動き始める。

アニメでも人気を博した、漫画「ど根性ガエル」の実写ドラマ化した本作。今回発表されたのは、30歳になったひろしに『天の茶助』や『の・ようなもの のようなもの』「連続ドラマWふたがしら」などに出演する松山ケンイチ。

2009年に放送された「銭ゲバ」(日本テレビ)以来民放連ドラ主演となる松山さん。「どんな撮影になるのか想像つかないので楽しみです」と語り、「ピョン吉はひろしにとって大事な相棒だけど、ずっと一緒だとそれが普通になっていく恐ろしさがあります。きっとひろしもその長い間のどこかに一緒にいれることの奇跡を置いてきてしまっていると思います。生きているとどこかで大事だと思っていたものを置いてきてしまっているという感覚は誰にでもあると思います。これを見て何を置いてきてしまったのか思い出す人もいるだろうし、何も感じない人もいると思います」と真摯にコメントした。

本作には、松山さん演じる30歳のひろしを始め、ピョン吉、京子ちゃん(29)、梅さん(52)、五郎(29)、ヨシコ先生(40)、町田先生(64)、ゴリライモ(31)、ひろしの母(50)らお馴染みのキャラクターが大人になって登場する。今後の続報に期待したい。

「ど根性ガエル」は、7月より毎週土曜21時~日本テレビにて放送。

「ど根性ガエル」、松山ケンイチ主演で初実写ドラマ化!

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集