「百日紅 ~Miss HOKUSAI~」江戸の町が動き出す 女優・杏が熱演、予告編公開 | アニメ!アニメ!

「百日紅 ~Miss HOKUSAI~」江戸の町が動き出す 女優・杏が熱演、予告編公開

ニュース

(c)2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
  • (c)2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
  • (c)2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
原恵一監督の最新作『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』が、5月9日より全国公開になる。江戸時代の女浮世絵師の姿を描く、故・杉浦日向子の原作をあにめ映画としたものだ。
早くから注目を集めてきた本作の予告編がいよいよ完成。一般公開された。アニメーション制作のプロダクション I.Gらしい、ハイクオリティの映像が活き活きと江戸の町を再現する。主人公・お栄を演じる女優・杏をはじめとした、キャスト陣の声も収録されている。

予告編は百日紅の花を縁側で眺めているお栄が「長い祭りが始まったね」とつぶやく場面から始まっている。タイトルが映し出されると、威勢の良いギターが鳴り響き、美しくも妖しい江戸の世界が動き出していく。
原恵一監督が本作の映像化にあたり語った「アニメーションならではの強みで、あらゆる角度から江戸を映し出したい」という想いが炸裂する映像となった。映像が本作の見どころのひとつになるのは間違いないだろう。



そしてアフレコを終えた杏は、お栄の魅力について「独り立ちをする女性が少ない中で、絵を描く女性として、自分の意志でものを作り出していく姿がすごく素敵だなと思いました」とコメント。そして「アニメーションの声優というのが今まで経験のないことだったのでアプローチ方法も手探りでした」と自らの演技について語った。
「普段お芝居をしていても、衣装に身を包むことによって声のテンションや気持ちが変わってくるのを感じているので、声のお仕事でもお栄と同じ着物に身を包んで演じた方がもしかしたらいいのかなという想いでアフレコには着物でのぞみました」と役作りに苦心したようだ。
『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』はすでにフランスやイギリスほか6か国での海外配給も決定済。国際異的な

浮世エンターテインメントとして注目を集める本作に期待したい。
[高橋克則]

『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』
5月9日(土)全国ロードショー
http://sarusuberi-movie.com/index.html

監督: 原恵一
原作: 杉浦日向子「百日紅」
出演: 杏、松重豊、濱田岳、高良健吾、美保純、
清水詩音、麻生久美子、筒井道隆、立川談春
入野自由、矢島晶子、藤原啓治
制作: Production I.G
配給: 東京テアトル
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集