嵐を呼ぶアニメ討論会第2回:「ユリ熊嵐」の謎に迫る クマたちの過去が明らかに…       | アニメ!アニメ!

嵐を呼ぶアニメ討論会第2回:「ユリ熊嵐」の謎に迫る クマたちの過去が明らかに…      

2015年1月から放送を開始した『ユリ熊嵐』第1回の討論から引き続き第2回を開催。本作をアニメ!アニメ!とインサイドの編集部3人で語りあってみた。

特集 そのほか
2015年1月から放送が開始された『ユリ熊嵐』は『少女革命ウテナ』や『輪るピングドラム』など視聴者を唸らせるような独特の世界を広げ続ける幾原邦彦監督の最新作だ。2月末で8話の放送を迎えた。
本作の公式サイトのストーリーのページには、12話までが用意されている。シリーズは1クールだと予想される。となると物語は佳境だ。しかし、キャラクターの過去や新たな事実が次々と明かされているが、まだ謎は残ったままだ。

2015年2月2日に掲載した「嵐を呼ぶアニメ討論会第1回 「ユリ熊嵐」の謎に迫る クマって?、ユリって?、嵐って?」には様々な反響があり、8話までを見てさらに討論を重ねることにした。前回に引き続きアニメ!アニメ!編集部のタカロク、お隣にあるインサイドのプロデューサー森、インサイド編集部の栗本が『ユリ熊嵐』について考えを語り合ってみた。

■クマと人間の戦い、壁の存在

―森
今回はちゃんと8話まで見ました。幾原ワールドを理解する為に『輪るピングドラム』も見ました。

―タカロク
どうでした?

―森
『ユリ熊嵐』に比べると分かりやすかったですね。テーマは「家族」っていうか…。『ユリ熊嵐』は前回言ってた蜂説はなくなりましたね。メタファー説はどうだろう?

―栗本
それは例えあったとしても、裏側の設定だから明かされることはないですね。それで、断絶の壁は断絶の日を境にできたというか…銀子が人間界にいた時は壁があった?

―タカロク
壁の扉みたいな所から銀子を逃がしてたような気がするから、あったんじゃないですか?そうすると断絶の壁ができたのはあの戦いの前?小さな銀子があの教会みたいな所で集まって…

―森
クマリア様の教会、『ピンドラ』のこどもブロイラーみたいでしたね。あそこの描写が何を意味してるか分からなかった。

―タカロク
あれって孤児(弧グマ?)が集まって、レディ・クマスターが「クマリア様のために人間を排除しろ」みたいな話をしてましたよね。

―栗本
それが断絶の日?

―タカロク
その“断絶の日”はクマ側と人間側の解釈が違うみたいだから…というか人間はクマの敵…?そもそもなんで人間を排除したいんだろう。

―栗本
そこは最後まで回収されない気がする(笑)でも人間側いわく、流星群が降ってくるまでは平和だったって。人間側の意見だけど。

―タカロク
アニメでは四足状態から急に立ち上がって、人を食べてますよね。あれがクマ側の蜂起を表してるのかな。
《タカロク》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集