「印象に残る兄キャラ」アンケート、結果発表。1位は“さすがはお兄様です!” | アニメ!アニメ!

「印象に残る兄キャラ」アンケート、結果発表。1位は“さすがはお兄様です!”

ニュース

2月28日に『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1 青い瞳のキャスバル』のイベント上映がスタートした。ガンダムシリーズのなかでも特に人気の高いキャラクターであるシャアとセイラの兄妹にスポットを当てた話題作である。
そこでアニメ!アニメ!では、これにちなみアニメに登場するキャラクターで「印象に残る兄・妹キャラ」アンケートを行った。回答期間は2月25日から3月2日までと限られていたが、男女合わせ約500名のかたから回答をいただいた。

今回はまず、「印象に残る兄キャラ」を10位まで公開する。お気に入りのあのキャラクターは何位か確かめて欲しい。

■ さすおに!『魔法科高校の劣等生』司波達也が断トツトップ

1位には、『魔法科高校の劣等生』から主人公の司波達也となった。学校では劣等生扱いだが、妹・深雪から「さすがはお兄様です!」称えられる。いざという時の活躍も魅力。理想のアニメかもしれない。
ファンからも「さすおに」と親しまれているが、その人気の高さを示した。回答数全体の1/4の司波達也支持というのも驚きだ。

2位になったのは、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の主人公・高坂京介となった。タイトルから分かる通り、妹が中心の作品だ。自由奔放な妹に振りまわされつつ、妹想いの姿が印象的だ。
人気アニメ「物語シリーズ」の阿良々木暦も貫録の3位。こちらが可愛い妹が二人、兄としての印象も強い。ここまで1位から3位は全て原作が小説という共通点がある。

アニメオリジナルで1位は、4位となった『コードギアス 反逆のルルーシュ』の主人公・ルルーシュ・ランペルージ。妹のために世界を巻き込む物語なので、上位ランキングも納得だ。
5位はやや懐かしい作品からだ。『カードキャプターさくら』の木之元桃矢が入った。90年代の作品が登場となった。さらにここで『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブル(6位)が続く。作品中ではも妹・セイラに金塊を送ったりする。
7位、8位は「週刊少年ジャンプ」作品が並んだ。『BLEACH』の朽木白夜、『銀魂』の神威。どちらも作品内では強いが、妹に対しての態度は正反対だ。
9位には『リトルバスターズ』の棗恭介、10位には定番と言ってもいい『ドラえもん』からジャイアンこと剛田武が入った。

[アニメ作品で印象に残る兄キャラ]

1. 司波達也 ( 『魔法科高校の劣等生』)
2.  高坂京介 ( 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』)
3. 阿良々木暦 (『化物語』)
4.  ルルーシュ・ランペルージ (『コードギアス 反逆のルルーシュ』)
5.  木之元桃矢 (『カードキャプターさくら』)
6.  シャア・アズナブル (『機動戦士ガンダム』)
7.  朽木白哉 (『BLEACH』)
8.  神威 (『銀魂』)
9.  棗恭介 (『リトルバスターズ』)
10.  剛田武 (『ドラえもん』)

(回答期間:2015年2月25日(水) ~ 2015年3月2日(月))
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集