妖怪ウォッチのアーケードゲーム「ジバニャンといっしょ」をプレイしてみた | アニメ!アニメ!

妖怪ウォッチのアーケードゲーム「ジバニャンといっしょ」をプレイしてみた

JAEPOに『妖怪ウォッチ』の新しいアーケードゲーム「ジバニャンといっしょ」「コマさんといっしょ」が登場した。小さな子供でも楽しめる内容となっている。

イベント・レポート
子供に大人気の『妖怪ウォッチ』は、ゲームソフトやテレビアニメと色々な展開をしている話題の作品だ。トレーディングカードゲームやデータカードダスも、そうしたひとつである。
2015年2月13日、14日に開催されている「ジャパンアミューズメントエキスポ2015」では、その新たなゲームが登場した。その名も「ジバニャンといっしょ」「コマさんといっしょ」だ。タイトルが2つになったのは、このゲームはジバニャンとコマさんとふたつの仕様に分かれているからだ。
今回のポイントは、アーケードゲームのデザイン自体がコマさん、ジバニャンの形をしていることだ。アーケード自体がキャラクターの形をしているというのは珍しい。

今回、アニメ!アニメ!編集部は、このゲームが紹介されているジャパンアミューズメントエキスポ2015に訪れて、早速このゲームに挑戦してみた。まずは「ジバニャンといっしょ」「コマさんといっしょ」どちらを選ぶか迷ったが、ジバニャンを選んでみた。
タッチパネルになっている画面からまずモードを選択する。ゲームは表示されているキャラクターを、妖怪ウォッチで探して見つけるというものだ。
ゲームを進めるとステージが登場する。これをタッチすると、黒く覆われたステージが一部見えるようになる。さらにタッチしながら左右に動かすと、色々な妖怪たちが現れ、表示されている妖怪を見つけることができる。時間以内に妖怪たちを探して、タッチし続けることになる。小さな子供でも簡単に遊ぶことができ、親子で楽しむこともできる内容となっている。

ゲームの最後には、ジバニャンにプレゼントを渡すことができる。これは三つの選択肢から一つを選ぶもので、ジバニャンがそのプレゼントに合わせたリアクションをする。
さらに「ほごしゃの方へ」というメッセージが現れる。これは驚いたり喜んだりしているジバニャンと子供が一緒に写真が撮れるよう、準備する時間を取ってくれているのだ。子供向けの『妖怪ウォッチ』ならではの心遣いだろう。
今後もいろいろな展開が予想される『妖怪ウォッチ』だが、親子で楽しめるゲームへの新しい試みのように感じた。こうした挑戦に今後も大きく期待したい。

(C)LEVEL-5 Inc.
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集