AnimeJapanクリエイター体験講座に「クロスアンジュ」古里尚丈P:オリジナル企画の作り方 | アニメ!アニメ!

AnimeJapanクリエイター体験講座に「クロスアンジュ」古里尚丈P:オリジナル企画の作り方

ニュース

AnimeJapanで開催される「クリエイター体験講座」は、アニメ制作で活躍する各分野のトップクリエイターに直接指導を受けるワークショップだ。2014年に開催され好評を博した企画だが、2015年も引き続き実施される。
これまでに加藤陽一氏(脚本)、伊藤智彦氏(監督・絵コンテ)、岡本稔氏(3DCGアニメーション)が発表されている。これに新たに古里尚丈氏が加わることが明らかになった。古里氏はアニメ作品誕生の原点となる企画を担当する。3月21日13時から14時半までの予定だ。

古里尚丈氏は、アニメーション企画・プロデュースのおっどあいくりえいてぃぶの代表取締役社長でプロデューサーとして活躍する。アニメ制作のサンライズで『新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA&SIN』や「舞-HiME」シリーズ、『ファイ・ブレイン ~神のパズル』などのヒット作を次々に世に届けた。とりわけオリジナル企画の作品を得意とする。
その後独立、現在はテレビアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』の企画プロデューサーを務める。

古里氏が講座のテーマに選んだのはオリジナルアニメだ。アニメや小説、ゲームなどを原作にすることが多いアニメ企画において、原作がないオリジナルはとりわけ難しい、ハードルが高いジャンルとされている。今回は「オリジナルアニメの企画書を作ってみよう」として、それを学び、オリジナルなキャラクターやストーリーを生み出すために必要な思考法などを考える。 
開講にあたっては、宿題と呼ばれる当日の講座で講評をする課題を募集している。古里氏の講座では、ずばりオリジナルアニメの企画書が課題だ。3月2日23時59分まで応募を受け付ける。AnimeJapan 2015期間中の講座は自由観覧となるが、着席参加は応募者が優先される。

宿題は先に発表されている講師による講座のものも、すでに受付中だ。加藤陽一氏は『妖怪ウォッチ』と『劇場版アイカツ!』を題材に、それとは異なるシナリオを課題とする。岡本稔氏は字コンテをもとに、実際にアニメーションを制作する。伊藤智彦氏は自身の監督作品『ソードアート・オンライン』の映像化されていないシナリオをもとにした絵コンテの作成だ。
いずれもアニメの仕事を目指す人にとっては、トライするだけでも面白そうだ。加えてプロの講評もとなれば貴重な機会だろう。

クリエイター体験講座
http://www.anime-japan.jp/main/creator/

「オリジナルアニメの企画書を作ってみよう」
3月21日 13時~14時半
ジャンル: 企画
登壇者: 古里尚丈

AnimeJapan 2015
http://www.anime-japan.jp/
アニメ!アニメ!ではAnimeJapan 2015を特集中
http://animeanime.jp/special/322/recent/AnimeJapan
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集