AnimeJapan 2015 プレゼン#2 開催 ファミリーからステージ、ビジネスまで一挙明らかに | アニメ!アニメ!

AnimeJapan 2015 プレゼン#2 開催 ファミリーからステージ、ビジネスまで一挙明らかに

イベント・レポート

AnimeJapan 2015 プレゼン#2 開催 ファミリーからステージ、ビジネスまで一挙明らかに
  • AnimeJapan 2015 プレゼン#2 開催 ファミリーからステージ、ビジネスまで一挙明らかに
  • AnimeJapan 2015 プレゼン#2 開催 ファミリーからステージ、ビジネスまで一挙明らかに
  • AnimeJapan 2015 プレゼン#2 開催 ファミリーからステージ、ビジネスまで一挙明らかに
  • AnimeJapan 2015 プレゼン#2 開催 ファミリーからステージ、ビジネスまで一挙明らかに
  • AnimeJapan 2015 プレゼン#2 開催 ファミリーからステージ、ビジネスまで一挙明らかに
  • AnimeJapan 2015 プレゼン#2 開催 ファミリーからステージ、ビジネスまで一挙明らかに
  • AnimeJapan 2015 プレゼン#2 開催 ファミリーからステージ、ビジネスまで一挙明らかに
1月23日(金)アニメイト池袋本店の9階で「AnimeJapanプレゼンテーション#2」が開催された。会場には多くの来場者が集まった。またこの模様はニコニコ生放送とバンダイチャンネルでも配信され、ステージプログラムをはじめ多くのラインナップが公開された。
AnimeJapan 2015は日本最大級の総合アニメイベントとして、3月20日から22日まで東京ビックサイトで開催される。昨年のAnimeJapan 2014は、2日間で来場者は11万人を超えるイベントとなった。AnimeJapan 2015では新たにビジネスとメインのふたつに分け、ビジネスエリアは20日、21日、メインエリアは21日、22日の開催となっている。

プレゼンテーションでは、初めに総合プロデューサーであるバンダイビジュアルの廣岡祐次さんが登場した。「こんばんは」という挨拶に対し会場からも「こんばんは」が返され、一気に会場の温度が上昇した。
続いて同じく総合プロデューサーであるサンライズの池内謙一郎さん、エンターテインメントエリアカテゴリーのプロデューサーでポニーキャニオンの野島鉄平さん、ファミリーアニメエリアプロデューサーでNBCユニバーサルの太田勝也さん、ビジネス・海外カテゴリーのプロデューサーである日本動画協会の北上浩司さん、アニプレックスの高橋祐馬さんが登場した。高橋プロデューサーが登壇した面々を見て「花がないですね~」と笑いを誘った。

まずイベントの全体のエリアを紹介、その後に今回初披露となるキービジュアルが公開された。ビジュアルは各社それぞれ、そして日本を代表する様々な作品のキャラクターが並んだものだ。「みんなで集まって一つのものをつくっていく」「年に一回特別な日だからこそ」と、“アニメのすべてが、ここにある”というキャッチコピーと共に、キャラクターたちが集まったという。
さらにこれとは別に、カテゴリー別のビジュアルも公開された。それぞれのエリアの風景と作品がコラボレーションしたものだ。『甘城ブリリアントパーク』と「入場ゲート」、『幸腹グラフティ』『東京喰種√A』と「ドリンク&フードコーナー」の描き下ろしイラストなどが公開され、会場では驚きの声が上がった。

期待が高いステージのラインナップでは、「BLUE」「RED」「GREEN」の3つステージが豪華な内容となった。
また「Anime+stage」ではRGBステージとはテーマを変えて、ラジオやマンガなどアニメとのコラボレーションに特化する。このなかの一般募集によるグッズコンペティションでは、課題として『ご注文はうさぎですか?』が使われる。今後さらに2作品ほどが発表される。

ビジネス・海外カテゴリー企画は、北上プロデューサーと高橋プロデューサーがふたりで担当する。ビジネスエリアは今年から新たに会議場棟に分けられ設置される。国内だけではなく海外にも目を向けて、ビジネスができればと金曜日と土曜日に開催する。
またメインエリアで行われるビジネスセミナーも一部明らかにされ、47都道府県とのコラボ事例展示や伝統文化×アニメという企画も発表された。

今年特に力を入れられるのが、子どもたちのためのエリアであるファミリーアニメフェスタである。家族連れでも楽しみやすいことを目指す。エリアの参加タイトルには、『妖怪ウォッチ』に『ドラゴンボール改』、『アイカツ!』などの作品が並んだ。当日は実際に絵を描いてアニメにする企画なども行われる。
またファミリーエリアは家族連れのみの入場となり、さらに今回は小学生以下を無料とする。家族連れでも行きやすいイベントとする。

最後は各プロデューサーたちの熱い挨拶があり、終始暖かい雰囲気でのプレゼンテーションとなった。今回はかなり盛り沢山の発表になったが、まだまだ公開されていない情報もあるようだ。開催までの2ヶ月、大いに期待したい。

AnimeJapan 2015
http://www.anime-japan.jp/
アニメ!アニメ!ではAnimeJapan 2015を特集中!
http://animeanime.jp/special/322/recent/AnimeJapan
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集