河森正治が講師として登壇「杉並アニメ人材育成セミナー」追加講座が発表 | アニメ!アニメ!

河森正治が講師として登壇「杉並アニメ人材育成セミナー」追加講座が発表

ニュース

杉並区や日本動画協会による"中央線あるあるPROJECT"が運営する「杉並アニメ人材育成セミナー」の追加講座の講師陣が発表された。サテライトの河森正治さんと同社の3DCGを担当する後藤浩幸さん2名が講師として立つ。

「3DCGを仕事にする」の講師を担当する後藤浩幸さんはサテライトに所属し、チーフCGIデザイナーを担当している。CGが多用されるサテライト作品とあって、3DCGアーティストになるまでの経緯や、仕事に就きどんな仕事があるのかなどを、サテライトのCGアニメの製作工程を紹介しながら学ぶことができる。
「”オリジナル”を生み出す発想法」の講師を担当する河森正治さんは『超時空要塞マクロス』のマクロスシリーズを筆頭に『創聖のアクエリオン』や『交響詩編エウレカセブン』などに携わっている。監督、原画、脚本、メカニックデザインなどを担当し、仕事の幅が広い人物だ。その独創性に優れた世界やキャラクター、メカニックを手掛ける河森さんに、オリジナル作品を題材として、ものづくりについて講義を行う。
後藤さんの講義は2月8日(日)10:30から、河森さんの講座は2月8日(日)13:00からとなっている。

「杉並アニメ人材育成セミナー」では他にも「キルラキルができるまで」や「旭プロのデジタル作画入門ゼミ」、「A-1 Pictures制作『時季は巡る~TOKYO STATION~』について」など8つの講座が開講される。既に定員になっている講座もいくつかあり、アニメファンには人気の講座となっている。
さらに講座だけではなくNHKで放送しているテレビアニメ『ログ・ホライズン』の展示会が開催される。原画や絵コンテなど、普段見る事のできない設定資料集なども公開される。講座、展示会の会場は阿佐ヶ谷地域区民センターで開催、2月7・8日の2日間の開催となる。

「杉並人材育成セミナー」
http://suginami-semi.resv.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集