「ベイマックス」ジャパンプレミアに菅野美穂と小泉孝太郎が登壇 声優体験を明かす | アニメ!アニメ!

「ベイマックス」ジャパンプレミアに菅野美穂と小泉孝太郎が登壇 声優体験を明かす

映画『ベイマックス』のジャパンプレミアイベントが12月8日に開催された。イベントには日本語版キャストを務めた菅野美穂さんと小泉孝太郎さん、さらにベイマックスも登壇し、大きな盛り上がりを見せた。

イベント・レポート
「ベイマックス」ジャパンプレミア(c)2014 Disney. All Rights Reserved
  • 「ベイマックス」ジャパンプレミア(c)2014 Disney. All Rights Reserved
  • 「ベイマックス」ジャパンプレミア(c)2014 Disney. All Rights Reserved
  • 「ベイマックス」ジャパンプレミア(c)2014 Disney. All Rights Reserved
  • 「ベイマックス」ジャパンプレミア(c)2014 Disney. All Rights Reserved
ウォルト・ディズニー・スタジオ最新作『ベイマックス』が12月20日に全国公開を迎える。本作の日本語吹替版の完成を記念し、12月8日にはベルサール六本木にてジャパンプレミアイベントが開催された。
会場には吹替版キャストより、主人公・ヒロの育ての親である叔母・キャス役の菅野美穂さんと、ベイマックスを製作した兄・タダシ役の小泉孝太郎さんが出演。さらに心と体を守るケアロボット・ベイマックスも登場し、大きな盛り上がりを見せた。

この冬最大の話題作のイベントには、親子連れからカップルまで幅広い年代層のファンが集まった。ベイマックスのぬいぐるみを抱えたファンの姿もあり、本作に対する期待の高さを感じることができた。
そして黄色いワンピースに身を包んだ菅野さんと、グレーのジャケットを着こなした小泉さんが登壇すると、割れんばかりの拍手と歓声が巻き起こった。

菅野さんは吹替について「声だけで演じるということがこんなにも難しいのか」と苦労したことを語った。なかでも「声に芯を持たせて下さい」という指示を受けたのは初めての経験で、「まだまだ勉強しなければいけないことが沢山ある」と感じたそうだ。
声優初挑戦の小泉さんも、目の前のマイクとキャラクターがいる空間の両方を意識しなければならない点が大変だったと明かした。また、吹替はブースの中で一人っきりの孤独な作業だったが、実際に完成作品を観て「ディズニーの映画の中に入れたんだという実感がこみ上げてきた」と話した。

イベントでは本作の鍵を握るケアロボット・ベイマックスも登場。全長2メートルの巨大でキュートな姿に、会場からは驚きと喜びの声が上がった。クリスマス直前ということでサンタ帽を被ったベイマックスの姿に、菅野さんは「可愛い!」と大興奮、小泉さんも「等身大ですか?」とその大きさにビックリしていた様子だった。
よちよち歩きでステージに上がったベイマックスは、菅野さんをケアするために体のスキャンを実施。「肩が凝っているようですね。リラックスが必要です」と診断結果を伝え、「旅に出てみてはいかがでしょうか?」とアドバイスを贈った。その少しとぼけた雰囲気に会場から笑い声が漏れる一幕となった。

最後はキャスト二人から映画の見所について語られた。本作を観て思わず涙してしまったという菅野さんは「ヒロの成長物語でもあるんですが、ハラハラドキドキもあって、きっと皆さんもビックリしてもらえると思います」。
小泉さんは「ディズニーの優しいエネルギーが詰まった映画です」とメッセージを伝え、イベントは大盛況の内に幕を閉じた。
[高橋克則]

『ベイマックス』
12月20日(土)全国ロードショー
http://www.disney.co.jp/movie/baymax.html

監督: ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ
製作: ロイ・コンリ
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

声の出演: 菅野美穂(キャス)、小泉孝太郎(タダシ)
川島得愛(ベイマックス)、本城雄太郎(ヒロ)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集