「ベイマックス」同時上映短編は「愛犬とごちそう」 ディズニー全社員公募コンペからアニメ化 | アニメ!アニメ!

「ベイマックス」同時上映短編は「愛犬とごちそう」 ディズニー全社員公募コンペからアニメ化

ニュース

「ベイマックス」同時上映短編は「愛犬とごちそう」 ディズニー全社員公募コンペからアニメ化
  • 「ベイマックス」同時上映短編は「愛犬とごちそう」 ディズニー全社員公募コンペからアニメ化
12月20日に全国公開されるディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ベイマックス』は、映画ファン待望の作品だ。その同時上映作品の短編アニメーション『愛犬とごちそう』の特別映像が、このほど公開された。ジャンクフードが大好きな犬のウィンストンが主人公の可愛らしい作品だ。
監督のパトリック・オズボーンは、今回が初監督となる。これまで『ボルト』や『塔の上のラプンツェル』『シュガー・ラッシュ』、さらに短編『紙ひこうき』でも活躍したアニメーターである。『ベイマックス』でもアニメーション・チーフを務める。

ディズニーやピクサーは長編映画を公開する際に、若手の監督の新作短編アニメーションを同時上映することが多い。いずれも小品ながら、宝石のような輝くのある作品ばかりが登場する。
ここで活躍した監督がその後、より大きな作品で活躍することも少なくない。長編と共に見逃せないものとなっている。
今回の作品のきっかけは、ディズニー・スタジオで全社員に向けて出された「短編アニメーションのアイデアを求む!」の告知がキッカケとなっている。パトリック・オズボーンは早速『愛犬とごちそう』の企画を提出、そして最終候補まで残った後にジョン・ラセターへのプレゼンを経てアニメ化に至った。
彼は今回の制作について、「ビッグチャンスに興奮しましたが、同時にディズニーの名作短編アニメーションとその輝ける歴史に、ものすごいプレッシャーを感じましたよ。」と話す。

『ベイマックス』同時上映の短編『愛犬とごちそう』特別映像


犬のウィンストン、ある男性が飼う愛犬で親友。このウィンストンの視点から、共に分かち合う料理の一口一口を通して愛をテーマとした物語を描く。
ウィンストンは、ご主人様と一緒に食べるジャンクフードが大好きだった。っていた。しかし、ご主人様が恋に落ちてから、楽しかった食事の時間が一変してしまう。一体、話はどう展開するのか。
今回公開された映像は、幸せそうな表情を浮かべジャンクフードを食べるシーンも含まれている。その可愛すぎる姿が注目だ。

『ベイマックス』
http://www.disney.co.jp/movie/baymax.html
12月20日(土)全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集