イベント「NARUTO SUPER LIVE」に近藤晃央、ダイスケ、7!!が登壇 セッションも披露 | アニメ!アニメ!

イベント「NARUTO SUPER LIVE」に近藤晃央、ダイスケ、7!!が登壇 セッションも披露

イベント・レポート

「NARUTO SUPER LIVE」
  • 「NARUTO SUPER LIVE」
  • 「NARUTO SUPER LIVE」
  • 「NARUTO SUPER LIVE」
  • 「NARUTO SUPER LIVE」
  • 「NARUTO SUPER LIVE」
  • 「NARUTO SUPER LIVE」
  • 「NARUTO SUPER LIVE」
  • 「NARUTO SUPER LIVE」
『NARUTO -ナルト-』の音楽をテーマのしたイベント「NARUTO SUPER LIVE」が、11月26日にマルイシティ渋谷にて開催された。アニメシリーズの6枚目のコンピレーションアルバム「NARUTO SUPER SOUNDS」のリリースを記念したライブである。
当日は、アルバムに参加した多彩なアーティストが、楽曲を披露した。その豪華な出演に会場は大きな盛り上がりを見せた。

ライブのトップバッターを飾ったのは、近藤晃央。作品のエンディングテーマ「ブラックナイトタウン」含む2曲を披露した。
トークコーナーでは同時期にオープニングテーマだった乃木坂46の「月の大きさ」とコード進行が偶然同じだったという逸話も紹介、実際に両曲のサビを弾き語りして会場を沸かせていった。
続いて登壇したダイスケさんはオープニングテーマ「Moshimo」含む3曲を熱唱した。3月31日に渋谷公会堂でライブを行うことを発表し「また渋谷に来ます!」と告げるとファンから歓声が上がった。

ライブのトリを飾ったのは4人組ロックバンドの7!!(セブンウップス)。こちらはエンディングテーマ「さよならメモリー」、オープニングテーマ「ラヴァーズ」を含む3曲を歌い上げた。作品との結びつきの強さを感じさせた。
沖縄出身の4人は「東京へ来てから食べて美味しかったもの」を聞かれると、ドラムのマイコさんが「ボンゴレビアンゴ!」と即答。その単語のリズムが面白かったことから連呼して、会場の笑いを誘う一幕も飛び出した。
最後はプライベートでも仲の良い3組がセッションで「赤鼻のトナカイ」を披露。ファンも大満足のライブを締めくくった。

イベントでは12月6日公開の映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』の紹介コーナーも行われた。東宝の宣伝プロデューサーからは、今回の映画が原作者の岸本斉史さんがストーリーを総監修していることや、原作最終話の「空白の時」を埋める物語になっていることなどが明かされた。
さらに主題歌「星のうつわ」を歌うスキマスイッチからのメッセージVTRや、テレビCM3種類の先行上映も行われ、作品への期待を煽るイベントとなった。
[高橋克則]

『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』
http://www.naruto-movie.com/

「NARUTO SUPER SOUNDS」
http://www.aniplex.co.jp/naruto/cd/supersounds/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「NARUTO SUPER SOUNDS」11月26日発売 渋谷でスペシャルイベントも開催 画像 「NARUTO SUPER SOUNDS」11月26日発売 渋谷でスペシャルイベントも開催
  • 「NARUTO」原作者・岸本斉史、劇場版ナルトの姿に「お父さんの目線」 画像 「NARUTO」原作者・岸本斉史、劇場版ナルトの姿に「お父さんの目線」
  • 「NARUTO」全220話、dビデオで一挙配信  あの頃ナルトも自分も若かった 画像 「NARUTO」全220話、dビデオで一挙配信 あの頃ナルトも自分も若かった

特集