アジア各国から新世代映像クリエイター集結 DigiCon6 ASIA | アニメ!アニメ!

アジア各国から新世代映像クリエイター集結 DigiCon6 ASIA

ニュース

11月15日(土)、アジア最大の映像コンテスト第16回「DigiCon6 ASIA」が東京・丸ビルホールにて開催される。日本、台湾、香港、韓国、インド、マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシアなど世界各国・地域から選ばれたトップクリエイターたちの作品が一堂に会する。
「DigiCon6 ASIA」は優れたコンテンツクリエイターを発掘するために設立された映像フェスティバルだ。2000年に「TBS DigiCon6」としてスタート。2006年よりアジア各地域からの作品も受け付けるようになり、アジア最大のコンテストへと成長を遂げた。そうした流れを汲んで、今年から「DigiCon6 ASIA」と名も改めて、装いも新たに開催される。

その国際審査員も豪華な面々が揃った。「踊る大捜査線」シリーズを手掛け、『PSYCHO-PASS サイコパス』や『攻殻機動隊ARISE』のプロジェクトにも参加した本広克行監督、『シドニアの騎士』『山賊のむすめローニャ』で知られるアニメ制作会社ポリゴン・ピクチュアズ代表取締役の塩田周三さんと、アニメファンにも名高い人物が迎えられている。
そのほか、釜山国際映画祭で新人賞を受賞し、映画監督・女優・プロデューサーとして活躍する杉野希妃さんに加え、香港、シンガポール、台湾からもクリエイターを招き、合計6名で審査を行う。アジア10の国と地域からエントリーされた43作品の中、一体どの作品がグランプリに輝くのだろうか。

公式サイトではエントリー作品の配信を行っている。実写、3DCG、2Dアニメーションなど表現の幅が広く、アクションやコメディなどジャンルも様々。充実のラインナップを視聴することができる。
当日は「近藤良平+オクダサトシ+X(エックス)」によるスペシャルパフォーマンスも実施され、アワードを大きく盛り上げる。
[高橋克則]

DigiCon6 ASIA
http://www.tbs.co.jp/digicon/
日時: 2014年11月15日(土)
会場: 丸ビルホール
主催: 株式会社 TBSテレビ
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集