能年玲奈がオタク女子に挑戦 実写「海月姫」2014年12月27日公開決定 | アニメ!アニメ!

能年玲奈がオタク女子に挑戦 実写「海月姫」2014年12月27日公開決定

東村アキコさんの少女マンガ『海月姫』が実写化映画化される。映画決定以来、話題を呼んできたが、いよいよ公開日が決定した。

ニュース
女性に人気の東村アキコさんの少女マンガ『海月姫』が実写化映画化される。映画決定以来、話題を呼んできたが、いよいよ公開日が決定した。2014年12月27日、アスミック・エース配給にて全国ロードショーとなる。年末年始のシーズンを楽しく、ハートフルな映画がスクリーンで活躍することになりそうだ。
公開日決定と同時に、ポスタービジュアルと特報も発表された。映画のイメージも一気に広がり、年末に向けて期待も高まる。

そして、今回公開された第一弾ポスタービジュアルと特報映像の見どころは、主人公・倉下月海を演じる能年玲奈さんの驚きの役作りだろう。月海はクラゲオタクの女の子という不思議な役どころ。
外見にはあまり気を使わない性格の月海を、ほぼスッピンに三つ編み、めがね、スウェット着用というかたちで表現する。撮影現を訪れた原作者の東村アキコさんが、絶賛するほどのクオリティに仕上がった。本作の見どころのひとつになりそうだ。

他の出演陣もそれに引けを取らない。若手実力俳優の菅田将暉さんは女装美男子を、長谷川博己さんは童貞エリートという個性的は役に挑む。さらに鉄道オタクの池脇千鶴さん、三国志オタクの太田莉菜さん、和物オタクの馬場園梓さん、カレ専の篠原ともえさんら、豪華かつ個性豊かなキャストが注目される。



イラストレーターを志す月海は、クラゲが大好きなオタク女子。男子禁制のアパート“天水館で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼~ず”のメンバーとしてそれなりに楽しい日々を送っていた。
そんなゆるい日常に、女装美男子と童貞エリートの兄弟の出現する事件が発生。さらに天水館が奪われるかもしれない危機も勃発し、波乱の展開になってしまう。

映画『海月姫』 
12月27日(土)全国ロードショー
/http://www.kuragehi.me

[出演]
能年玲奈、菅田将暉
池脇千鶴、太田莉菜、馬場園梓(アジアン)、篠原ともえ
片瀬那奈、速水もこみち、平泉成
長谷川博己

監督: 川村泰祐
脚本: 大野敏哉/川村泰祐
ドレスデザイン/スタイリスト: 飯嶋久美子
原作: 東村アキコ「海月姫」(講談社『Kiss』連載)
製作: 映画『海月姫』製作委員会
配給: アスミック・エース

映画『海月姫』 
(C)2014映画「海月姫」製作委員会 (C)東村アキコ/講談社
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集