第2回アニ玉祭開催決定 アニメ・マンガの聖地・埼玉が再びカルチャー発信 | アニメ!アニメ!

第2回アニ玉祭開催決定 アニメ・マンガの聖地・埼玉が再びカルチャー発信

「第2回アニ玉祭」の開催を記念して、「アニメ・マンガの聖地」となる埼玉県内4地域(川越市、久喜市鷲宮、秩父市、飯能市)において、スマートフォンアプリ「舞台めぐり」とタイアップした周遊イベント「埼玉聖地横断ラリー」を開催する。

ニュース
2013年10月に初開催され好評を博したアニメ・マンガのイベントアニ玉祭(アニメ・マンガまつり in 埼玉)が今年も開催される。
第2回開催が決定、7月28日に発表された。会期は2014年10月11日と12日の2日間、、会場は昨年と同じく大宮ソニックシティになる。アニメ・マンガの聖地を強く打ち出す埼玉が、今年もポップカルチャーを発信する。秋のアニメシーンも彩りそうだ。

アニ玉は、アニメやマンガの舞台が多いことから、埼玉を聖地として盛り上げるイベントである。当日は、ステージイベントをはじめ様々な企画がある。
また開催に先立って、第2回を記念したイベントも行われる。アニメの舞台となった埼玉県内4地域(川越市、久喜市鷲宮、秩父市、飯能市)で、「埼玉聖地横断ラリー」を実施する。スマートフォンアプリ「舞台めぐり」とタイアップした周遊イベントなる。
登場するアニメは、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(秩父市)、『神様はじめました』(川越市)、『ヤマノススメ』(飯能市)、『らき☆すた』(久喜市鷲宮)の4作品がである。各地域のチェックポイントを巡ると、オリジナルポストカードやオリジナルTシャツを先着でもらえる。

また「埼玉聖地横断ラリー」と連動して、各地域に関連するアニメ作品に出演する声優が、地域の魅力を紹介する番組の動画を配信する。アニメ『ヤマノススメ』にも出演する儀武ゆう子さんがパーソナリティを務める「儀武ゆう子“SUN(サン)”~埼玉聖地巡礼の旅~」が、聖地の魅力をたっぷりと紹介する。
開催期間は8月29日から10月12日まで。参加はスマートフォンアプリ「舞台めぐり」をダウンロード、各地域のチェックポイント4か所にチェックインするだけだ。
[真狩祐志]

「ちょこたび埼玉」
/http://www.sainokuni-kanko.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集