「アナと雪の女王」15週連続で週末興行1位 落ちない興行の秘密は? | アニメ!アニメ!

「アナと雪の女王」15週連続で週末興行1位 落ちない興行の秘密は?

ニュース

大ヒット中のディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』。6月23日(月)、15週目となった6月21日(土)と22日(日)の週末興行でも圧倒的な強さを見せ、週末興行成績でランキングで1位を獲得。これで15週連続でNo.1という驚異的な記録を叩き出した。

物語は、アンデルセン童話「雪の女王」からインスピレーションを受け、ディズニー独自のミュージカルのエッセンスを加えたオリジナルストーリーで展開する。

触れるもの全てを凍てつかせる“秘密の力”を持つ姉・エルサはその力を制御できず、真夏の王国を凍てつく冬の世界に変えてしまい、国を去る。妹のアナは、姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒・トナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出るのだが――。

これまでにスタジオジブリの『ハウルの動く城』『もののけ姫』、さらに『ハリー・ポッターと賢者の石』を超え現在、歴代興行収入ランキングで第3位につけている本作。21日(土)と22日(日)の2日間の観客動員数は全国で27万3,943人、興行成績は3億6,411万8,850円と、15週目にもかかわらず前週比92.7%と、そのペースは落ちることなく興行を続けており、初日から数えた累計観客動員数は1,869万1,769人、興行成績は237億6,337万150円となっている。

主題歌を担当したMay J.を始め、アナ役の神田沙也加、エルサ役の松たか子などそれぞれが“歌姫”的な存在としてネットやTV番組で注目を浴び続けていることが、この“落ちない興行成績”のひとつの要因となっているようだ。

まもなく夏休みを見据えた大型作品も話題を集め始めるこの時期、この後いつまで『アナと雪の女王』の記録が続くかに注目だ。

【日本歴代興行収入ランキング】
◆1位「千と千尋の神隠し」/304億円
◆2位「タイタニック」/262億円
◆3位「アナと雪の女王」/237億円 ★
◆4位「ハリー・ポッターと賢者の石」/203億円
◆5位「ハウルの動く城」/196億円
◆6位「もののけ姫」/193億円
◆7位「踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」/173億円
◆8位「ハリー・ポッターと秘密の部屋」/173億円
◆9位「アバター」/156億円
◆10位「崖の上のポニョ」/155億円

※日本映画製作者連盟発表の数字調べ/6月22日時点

『アナと雪の女王』は全国にて公開中。

『アナと雪の女王』15週連続で週末興行No.1! “落ちない興行”どこまで?

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集