宮崎駿とジョン・ラセター アニメーション映画の2大巨匠の友情満載の「風立ちぬ」プロモーション | アニメ!アニメ!

宮崎駿とジョン・ラセター アニメーション映画の2大巨匠の友情満載の「風立ちぬ」プロモーション

ニュース

『となりのトトロ』や『魔女の宅急便』など数々の傑作を監督してきた宮崎駿さん、そして『トイ・ストーリー』や『カーズ』などのヒット作を生み出してきたジョン・ラセターさん。それぞれ日本と米国を代表するアニメーション監督だ。世界の映画界を代表する巨匠と言ってもいいだろう。
そのふたりは20数年来の友人であることは、よく知られている。そんな二人の友情が、この6月から様々なメディアに登場することになる。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオとピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるジョン・ラセターさんが、6月18日にBlu-rayとDVDが発売される『風立ちぬ』のプロモーションに協力する。
『風立ちぬ』は2013年夏に公開されて、多くの人に感銘を与えた。ラセターさんもそのひとりで、今回は自身が『風立ちぬ』から受けた深い感銘を新聞広告やテレビスポットで表現する。

まず6月14日から『風立ちぬ』Blu-rayとDVDのテレビスポットが放送される。映像は、スタジオジブリのドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』の砂田麻美監督が撮った。ジョン・ラセターさんが来日した際に宮崎駿監督との友情や『風立ちぬ』への思いを語った様子をカメラに収めた。
さらに6月18日からは全国の販売店、書店などで、大判サイズの新聞“GIANT PAPER 「大きな風立ちぬ ~宮崎駿とジョン・ラセター ふたりのこと~」”を配布する。ここには二人の巨匠の友情関係を伝える記事が満載される。鈴木敏夫プロデューサーのインタビューや写真、さらに完成報告会見の様子、『風立ちぬ』の評論なども盛り沢山になる。およそ20ページで、日米二人の巨匠のつながりと『風立ちぬ』の作品世界を伝える。

宮崎駿監督の最後の長編アニメである『風立ちぬ』のBlu-rayとDVDは、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンによる “ジブリがいっぱいCOLLECTION”の最新作となる。ファンの大きな注目を集めそうだ。
また、7月2日には『ルパン三世 カリオストロの城』から『風立ちぬ』までの長編11作品を集めた『宮崎駿監督作品集』も発売される。

『風立ちぬ』
/http://kazetachinu.jp/



「GIANT PAPER 大きな風立ちぬ」
(C)2013 二馬力・GNDHDDTK
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集