山村浩二のギャラリー“Au Praxinoscope”でイーゴリ・コヴァリョフ展 | アニメ!アニメ!

山村浩二のギャラリー“Au Praxinoscope”でイーゴリ・コヴァリョフ展

ニュース

東京・自由が丘ののAu Praxinoscopeは、世界で活躍するアニメーション作家を紹介する小さな展覧会を実施しているスペースだ。アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートの『頭山』などで知られるアニメーション作家の山村浩二さんが4ヶ月ごとに海外の作家を紹介している。
そのAu Praxinoscopeで、6月7日から9月27日までウクライナ出身のアニメーション作家、イーゴリ・コヴァリョフさんのオリジナル版画14点の展示と販売を行う。期間中の土曜日と第一日曜日のみ開廊する。

今回のイーゴリ・コヴァリョフさんは、ロサンゼルスとモスクワで商業的作品と独自の個人作品の制作で活躍してきた。なかでも代表作『ミルク』は、オタワ国際アニメーションフェスティバルなど7つの映画祭でグランプリを受賞、日本でも広島国際アニメーションフェィスティバルでグランプリを受賞している。
ロシアの巨匠アニメーション作家、ユーリ・ノルシュテインさんも「ジェイムス・ジョイスの水準、世界の優れたアニメーションの10本に入る。」と絶賛している作家である。
なお、6月7日、7月12日、8月9日、9月13日、いずれも14時から山村浩二さんによるギャラリートークもある。こちらも合わせて聴講してみたい。

Au Praxinoscopeではこのほか、アニメーション関連アイテムの販売もする。カナダ、イギリス、アメリカ、日本などでリリースされている世界の優れたアニメーションを収録したDVDの販売、アニメーション関連の画集、絵本、海外の研究論文などの書籍などがある。
またフリップブックや驚き版などアニメーションの原点となるような視覚玩具も販売する。アニメーションの普及に務める場として活用されている。
[真狩祐志]

Au Praxinoscope Animation Store & Gallery
/http://www.praxinoscope.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集