「X-MEN:フューチャー&パスト」日本版ポスター完成 11人のオールスターが勢揃い | アニメ!アニメ!

「X-MEN:フューチャー&パスト」日本版ポスター完成 11人のオールスターが勢揃い

『X-MEN:フューチャー&パスト』は5月30日に全国公開を迎える。公開に向けて日本のためだけに制作されたオリジナル劇場用ポスターが完成、4月19日より全国の劇場で一斉に掲出される。

ニュース
全世界で2300億円以上の興行成績を上げている「X-MEN」シリーズの最新作『X-MEN:フューチャー&パスト』が、5月30日に全国公開する。
公開に向けて、日本のためだけに制作されたオリジナル劇場用ポスターが完成、そのビジュアルが公開された。4月19日より全国の劇場で一斉に掲示される。

ポスターには「X-MEN」オールスターチームが集結した。「X-MEN」シリーズ全作に出演したウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンはもちろん、ミスティークを演じるジェニファー・ローレンス、ストームを演じるハル・ベリーといったオスカー女優も登場する。
最新作はタイトルが示すように未来と過去を舞台にすることから、プロフェッサーX役はパトリック・スチュワートとジェームズ・マカヴォイ、マグニート役はイアン・マッケランとマイケル・ファスベンダーのWキャストとなっている。総勢11名のポスターは映画館でも大きな注目を集めそうだ。

『X-MEN:フューチャー&パスト』は日本でも大ヒットとなった『アベンジャーズ』を超える250億円以上の制作費がつぎ込まれた。監督には「X-MEN」シリーズの生みの親であるブライアン・シンガーを起用した。また『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』で監督を務めたマシュー・ヴォーンも脚本に参加するなど、徹底した制作体制を敷いている。
シリーズ初となる3D映像にも注目したい。X-MENを完全に殲滅させる強大な能力を持つバイオメカニカルロボット・センチネルがどのように描かれるのだろうか。
その関心の高さを示すように予告映像の再生回数は1週間で1890万回を突破した。2023年と1973年。2つの時代が同時進行する激しいアクションバトルに期待も高まっていく。
[高橋克則]

『X-MEN:フューチャー&パスト』
5月30日(金) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
/http://www.foxmovies.jp/xmen/

facebook
/https://www.facebook.com/XmenMovies.Japan

twitter
/https://twitter.com/XmenMovieJP

監督/製作: ブライアン・シンガー
出演: ヒュー・ジャックマン、ジェニファー・ローレンス、
ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、
ハル・ベリー、イアン・マッケラン、パトリック・スチュワート、
アンナ・パキン、エレン・ペイジ、ピーター・ディンクレイジ
配給: 20世紀フォックス映画
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集