劇場版「K」特報公開 ドラマCD、音楽、舞台、そして海外へ広がる作品世界 | アニメ!アニメ!

劇場版「K」特報公開 ドラマCD、音楽、舞台、そして海外へ広がる作品世界

ニュース

2014年7月12日から劇場版『KMISSING KINGS』が、全国33館で公開される。本作は、テレビシリーズで好評を博したアニメ『K』の待望の劇場長編作品となる。テレビシリーズ終了後の世界が、新作映像によって描かれるようだ。
その全国公開までおよそ3ヵ月を控える中で、映画関連情報が一挙に公開された。まず、およそ1分半の特報映像が、公式サイトやYouTubeで配信を開始した。特報映像は東京ビックサイトで開催されたAnimeJapan 2014にて3月23日に公開されている。しかし、今回は鎌本力夫の登場などが加わったより多くの映像となっている。

テレビシリーズと映画をつなぐ物語の存在も明らかになった。5月にドラマCD付きの前売り鑑賞券が、2種類発売される。このドラマCDが、ふたつの間にある物語を描く。第1弾が「《吠舞羅》があるなら 」、第2弾が「《セプター4がある限り》」となっている。
販売は5月に上映劇場限定で、価格は2426円(税別)となっている。映画を観るためのプロローグとなるに違いない。

スピンオフマンガとして好評を博している『学園 K』のドラマCDも 20014年7月9日に発売されることになった。春夏秋冬に分かれたコミカルなストーリーが、『K』のキャラクターによって展開する。いつもとは少し違う明るい『K』となるだろう。
これには『学園 K-Wonderful School Days-』の主題歌「This is LOVE」と「春夏秋冬」も収録される。人気アーティストangelaが歌うのも注目だ・
Angelaは、劇場映画の主題歌も担当している。こちらのタイトルは「Different colors 」。シングルリリースは、劇場公開日と同じ7月12日である。

さらに映画が日本の公開に先駆けて海外でプレミア上映されることも発表されている。アメリカ・ロサンゼルスのアニメエキスポとフランス・パリで世界最速上映を行う。
8月には、シリーズの舞台化も決まった。『K』は、アニメからマンガ、音楽、舞台、そして世界へとその活躍の場を拡大している。



『K MISSING KINGS』
/http://k-project-movie.jpn.com/

2014年7月12日ロードショー
原作: GoRA×GoHands
脚本: GoRA
監督・キャラクターデザイン: 鈴木信吾
アニメーション制作: GoHands
主題歌: angela(キングレコード)

『KMISSING KINGS』
(C)GoRA・GoHands/k-project
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集