「世界一初恋~横澤隆史の場合~」劇場公開記念舞台挨拶をレポート! 堀内賢雄、蒼月昇、喜多修平が登壇 | アニメ!アニメ!

「世界一初恋~横澤隆史の場合~」劇場公開記念舞台挨拶をレポート! 堀内賢雄、蒼月昇、喜多修平が登壇

イベント・レポート

最初はキメ顔で!
  • 最初はキメ顔で!
  • 最後はみなさん仲良く!
この日ゲストとして登壇したのは主演の横澤隆史役・堀内賢雄さん、桐嶋禅役・蒼月昇さん、そして主題歌を担当された喜多修平さんの3人。
最初に丸川書店ならぬ本家の角川書店の方が司会進行を務め、作品の説明をし、いよいよ堀内さんと、本作で復帰された超大型新人・蒼月さんがファンの温かい拍手とともに登壇。トークショーが開始された。

本作のアニメとして初登場となる桐嶋禅を演じる蒼月昇さん。サングラスをして登場したが、司会者の「サングラスを取ってほしいですよね。」発言にファンから「見たい!」という要望により「事務所の尊敬している大先輩の古谷徹さんによく似ているって言われるんですが……」と言いつつサングラスをはずす場面も見られた。

「本作では横澤が主人公ですが、いかがでしたか?」という質問に堀内さんは「アニメでは高野にフラれ、このままフェードアウトするのかと思ったら中村先生と藤崎先生に復活させてもらったのでがんばらなきゃなと思いました」と語ってくれた。
また、アニメで初登場になった桐嶋禅として出演の決め手になったのは何かと聞かれ、蒼月さんは「超イケメンなので是非やりたいと思いました!!」とコメント。さらに人生経験豊富な桐嶋という役に新人声優として戸惑いはあったかという問いには「すごいプレッシャーでした。仕事もできて策士みたいな人で僕にない部分がたくさんあったので、少しでもファンの皆さんの期待を裏切らないように、役に近づくように髪の色を茶色に合わせて臨みました。」と語ってくれた。

アフレコについては、堀内さんは「現場はとても楽しくて、僕としては横澤の豪快さと繊細さが出せればいいなと思って演じさせていただきました」、蒼月さんは「僕はすごく緊張していて、大人の色気とか余裕っていうものを出さなくてはいけないので、その部分にはすごく気を遣いました。他には横澤との会話と娘のひよりとの会話はちゃんと変えた方がいいなと思って演じました。桐嶋って親バカなんですよ。先輩の古谷さんが親バカなんですが、よくお家にお邪魔しているので演技の参考にさせていただきました。」と裏話も聞かせてくれた。二人のトークショーここまで。

ここからはTVアニメ主題歌も務めた喜多修平さんが登場しミニライブが始まった。本作主題歌となる「優しい軌跡」を熱唱。ノリの良いポップバラードだ。
最後の挨拶に「これからも桐嶋禅として横澤隆史を深く愛していきたいと思います。」(蒼月昇さん)、「作品に関わる全て関わる全員が力を合わせていい作品を作らせていただきました。たくさんの人に見てもらいたいと思います。応援よろしくお願い致します。」(堀内賢雄さん)の言葉でイベントを締めくくった。

劇場版『世界一初恋 ~横澤隆史の場合~』公式サイト
/http://sekai-ichi-movie.jp
《久米裕子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集