NHK Eテレ4月1日から「超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューター つかさ」放送開始 | アニメ!アニメ!

NHK Eテレ4月1日から「超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューター つかさ」放送開始

ニュース

“少年バトルアニメのニューウェーブはメンコ”、そんなコンセプトで新たなテレビアニメが4月1日からNHK Eテレでスタートする。18時45分から放送される『超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューター つかさ』である。
作品を創り出すのは、ギガントプロジェクトである。ギガントプロジェクトを構成するメンバーが凄い。トレーディングカードゲームを中心に急成長するブシロード、『鉄コン筋クリート』『ハチミツとクローバー』などのアスミック・エース、『やわらか戦車』のファンワークス、そしてNHKエンタープライズの4社である。かなり気合が入っていることが判るだろう。

とは言いつつも、一筋ではいかない作品のようだ。主人公は、「ギガントバトル」に燃える、ちょっと迷惑な(?)小学生・面道つかさである。クラスメートと「アツくて、くだらない」ドタバタのストーリーを繰り広げる。
従来の学園アニメ、少年バトルアニメの体裁をとりながら、ナンセンスなユーモアと脱力ギャグを繰り広げるという。個性的なキャラクターに加えて過去作品のオマージュなど、ある年齢以上でないとわからないパロディも盛り込まれる。新機軸の少年アニメを目指す。

アニメ制作はファンワークス、同社らしい企画で、監督にはDVDセールス累計50万枚の『Peeping Life』の森りょういちさん。脚本は『しろくまカフェ』構成・脚本の細川徹さんと期待を持たせる。
そんな作品をまさに少年バトルものの王道ブシロードが支えるのだから驚きだ。一方、オープニングテーマは、『カードファイト!! ヴァンガード』、『侍戦隊シンケンジャー』でおなじみのサイキックラバーと王道路線だ。エンディングテーマはGigant girlsが担当する。
また声優にはつかさ役に山口勝平さん、さらに『ミルキィホームズ シスターズ』で人気の橘田いずみさん、徳井青空さん、愛美さんが起用される。

製作では放送開始後に、幅広いメディアミックス展開をするという。アニメからさらに広がっていく可能性大である。

『超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューター つかさ』
2014年4月1日(火)より 毎週火曜18時45分から(全32話)
/http://www.gigantshooter.com

[キャスト]
面道つかさ: 山口勝平
小出ミル子: 徳井青空
沼田マナブ: 橘田いずみ
堂本あたる: 愛美
桐谷.M.キリト: 山口智大

[スタッフ]
監督: 森りょういち
脚本: 細川徹
音楽: 森英治
アニメーション制作: ファンワークス、FOREST Hunting One
製作: ギガントプロジェクト

オープニングテーマ
「ギガントシューターだっちゅーの!」
作詞・作:YOFFY 編曲:大石憲一郎  歌:サイキックラバー

エンディングテーマ
「キミが一番つたえたいもの」
作詞・作曲・編曲:山崎真吾 歌:Gigant Girls
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集