“ご縁がありますじゃんよ” ボンズ15周年で「ノラガミ」「スペース☆ダンディ」合同イベント開催 | アニメ!アニメ!

“ご縁がありますじゃんよ” ボンズ15周年で「ノラガミ」「スペース☆ダンディ」合同イベント開催

ボンズ設立15周年を記念したイベント「ボンズ15周年記念イベント『ノラガミ』『スペース☆ダンディ』先行上映会~ご縁がありますじゃんよ~」が3月23日に東京・新宿ピカデリーで開催される。

ニュース
C)あだちとか・講談社/ノラガミ製作委員会
  • C)あだちとか・講談社/ノラガミ製作委員会
  • (c)2014 BONES/Project SPACE DANDY
1998年に設立されたアニメスタジオのボンズが、2013年10月に設立15周年を迎えた。代表取締役社長でプロデューサーである南雅彦氏のもと、ボンズは過去15年間、『鋼の錬金術師』、『交響詩篇エウレカセブン』、『カウボーイビバップ 天国の扉』、『ストレjンヂア無皇刃譚』など数多くの傑作を世に送り出してきた。
そのボンズが15年の節目を超えて最初に世に放った作品が、2014年1月よりテレビ放送を開始した『スペース☆ダンディ』と『ノラガミ』である。ボンズ設立15周年を記念して、この2作品がジョイントしたイベント「ボンズ15周年記念イベント『ノラガミ』『スペース☆ダンディ』先行上映会~ご縁がありますじゃんよ~」が3月23日に東京・新宿ピカデリーで開催されることになった。当日は、両作の先行上映会、さらに豪華ゲストも出演する予定だ。

『スペース☆ダンディ』は、『カウボーイビバップ』の監督で世界的に知られた渡辺信一郎氏が総監督を務める。国内トップクラスの演出、アニメーター、クリエイター、アーティストが多数集結する話題作である。
一方、『ノラガミ』は、「月刊少年マガジン」(講談社)にあだちとか が連載する人気マンガをアニメ化した。気鋭の新世代監督タムラコータローさんの冴えわたる演出が注目されている。
両作品はアニメ制作をボンズが担当する以外は、製作委員会などの枠組みも異なる。今回は15周年のために会社の枠を超えたまさかのイベントが実現した。一日限りのスペシャルなものだ。

21時スタートのイベントは二部編成となる。第一部では『スペース☆ダンディ』第13話の先行上映をする。渡辺信一郎総監督、そしてダンディ役の諏訪部順一さん、QT役の佐武宇綺さん(9nine)によるトークショーが行われる。
『ノラガミ』では、気になる最終話をいち早く上映する。こちらもタムラコータロー監督、雪音役の梶裕貴さん、伴音・真喩役の今井麻美さん、ラボウ役の櫻井孝宏さんがトークを繰り広げる。
イベント来場者には、『ノラガミ』のキャラクターデザインを担当する川元利浩さんと、『スペース☆ダンディ』のキャラクターデザインを担当する伊藤嘉之さんによる描き下ろしオリジナルミニ色紙もプレゼントされる。
チケットの価格は税込2500円、3月13日22時から新宿ピカデリー公式サイトに販売を開始する。翌日3月14日オープン時に残席があった場合のみ、新宿ピカデリーチケット売場でも販売をする。

ボンズ15周年記念イベント
『ノラガミ』『スペース☆ダンディ』先行上映会~ご縁がありますじゃんよ~
日時: 3月23日(日) 21時開始
会場: 新宿ピカデリー スクリーン1 /http://www.shinjukupicadelly.com/
来場者特典: 川元利浩・伊藤嘉之 描き下ろしオリジナルミニ色紙
チケット販売価格: 2500円(税込/全席指定)

[出演者]
ノラガミ: タムラコータロー監督、梶裕貴、今井麻美、櫻井孝宏 
スペース☆ダンディ: 渡辺信一郎総監督、諏訪部順一、佐武宇綺(9nine)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集