円谷英二 特撮の軌跡展 撮影現場の巨大ジオラマ登場、純金ウルトラセブンを1000万円で販売 | アニメ!アニメ!

円谷英二 特撮の軌跡展 撮影現場の巨大ジオラマ登場、純金ウルトラセブンを1000万円で販売

ニュース

日本を代表する特撮ヒーロー番組「ウルトラマン」シリーズを生んだ円谷英二さんの企画展開催が決定した。
「円谷英二 特撮の軌跡展 『ウルトラQ・ウルトラマン・ウルトラセブン』特撮の神様が遺した宝物」だ。2014年4月2日から14日まで、新宿高島屋にて行われる。

円谷英二さんは特殊撮影技術の第一人者として活躍し、ファンからは「特撮の神様」と親しまれている人物だ。展示会では、今でも人気の高い『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』を題材に、円谷さんの生涯と、その特撮の秘密に迫っていく。
一番の見所は『ウルトラマン』第19話「悪魔はふたたび」の撮影現場を完全再現した巨大ジオラマである。スタジオセット内にカメラや照明、美術造形なども配置し、セットの裏側まで360度全方向から鑑賞することができる。
ウルトラマンと怪獣・アボラスが東京オリンピック開催時の国立競技場で闘う場面は、まさに圧巻の一言。特撮の神髄に触れられる貴重な機会に注目したい。

また、特撮技術や時代背景とともに「ウルトラ」シリーズの誕生秘話を紹介する企画も用意する。小道具や撮影シーンのパネル展示に加え、バルタン星人が出現する合成映像体感コーナーも登場。
さらに特撮で使用する怪獣を保管していた「怪獣倉庫」も再現した。どちらも初めての試みなだけに、見逃せない内容となっている。

そして高島屋では開催記念品の純金キャラクター像も販売する。「純金のウルトラセブン」は全高約18cm、重さ約400g、価格はなんと10,800,000円。超高額ゆえに購入するのは難しいが、ぜひ一目見ておきたいアイテムだ。

4月4日には『ウルトラマン』でアラシ隊員、『ウルトラセブン』でフルハシ隊員を演じた毒蝮三太夫さんと『ウルトラセブン』でアンヌ隊員を演じたひし美ゆり子さんのトークショーも予定している。
「円谷英二 特撮の軌跡展」の入場料は一般800円、大学生・高校生600円(全て税込)、中学生以下は無料となる。
[高橋克則]

円谷プロダクション
/http://m-78.jp/

「円谷英二 特撮の軌跡展」
会期: 2014年4月2日(水)~4月14日(月)
会場: 新宿高島屋 11階催会場 連日10:00~20:00まで
※4月4日(金)・5日(土)・11日(金)・12日(土)は20:30まで、最終日14日(月)は18:00まで
※入場は各日閉場時刻の30分前まで
入場料(税込): 一般800円、大学生・高校生600円、中学生以下無料
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集