「イヴの時間 オリジナル版」がスペシャルプライスのBDに 2月22日発売 | アニメ!アニメ!

「イヴの時間 オリジナル版」がスペシャルプライスのBDに 2月22日発売

ニュース

最新作アニメ映画『サカサマのパテマ』も好評上映、短編アニメ『アルモニ』を製作と吉浦康裕監督の活躍が続いている。そうした近年の活動の原点になったのが、2008年スタートの『イヴの時間』だ。
本作が『イヴの時間 オリジナル版』のスペシャルプライスBlu-rayとして、2月22日に発売される。価格は4200円(税込)、取り扱いはAmazonのみとなっている。

今回のスペシャルプライス版の発売は、2011年のファーストプレスが完売したことを受けてのものである。まさに3年の間、持続的に売れ続けて、さらにセカンドプレスに突入したわけだ。このセカンドプレスに合わせて価格改定も行った。

『イヴの時間』は2008年よりネットにて6話に分けて配信がスタートした。これに新たにシーンを加えた劇場版が2010年に各地で上映された。
オリジナル版と劇場版の違いは、劇場版が配信版を監督が自らリニューアルしたことである。劇場版でカットされたこのもあり、エンディングも異なる。配信版各話や劇場版と見比べることで新たな発見があるだろう。

吉浦康裕監督の周辺は、活発だ。『サカサマのパテマ』が、先頃、第17回文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門で優秀賞を受賞している。Blu-rayとDVDの発売も4月25日に決定した。また『イヴの時間』は、Kickstarterにて資金集めに成功した海外版Blu-rayが鋭意製作中である。
さらに次回作の短編アニメ『アルモニ』がある。3月からの劇場公開が迫っている。昨年ビジュアルやトレーラーが公開された際に、どことなく『イヴの時間』にも似ていると話題になったが、監督によると「『イヴの時間』制作当時に思いついた構想がもとになった」とのことで、こちらも劇場で確かめてみたい。
[真狩祐志]

『イヴの時間』
/http://timeofeve.com/

吉浦康裕監督コメント

「先日、久しぶりに『イヴの時間』を見直してみました。不思議なもので、制作当時のがむしゃらな日々が過去となった今、かつての自分が形作った物語が、今の自分により素直に届くようになった気がします。手前味噌ですが、『ここのセリフいいなあ』などと素直に感じてしまった次第です。
おかげ様で、『イヴの時間』本来の姿である”連作短編集”としてのBD初回版が、3年目にして完売しました。
周囲の人間からもよく言われるのですが、『イヴの時間』は本当に息の長い作品だと思います。ひとえに、未だにこの作品を愛して下さる皆様のおかげです。心からお礼申し上げると共に、感謝の意を込めて新装版を発売させていただくことになりました。
また、”キックスターター”にて資金集めに成功した海外版BDも鋭意製作中です。かなりの豪華仕様になっていますので、そちらの続報を世界中のファンの方々にお届けできるのも楽しみにしています。さらには、引き続き制作した劇場アニメ『サカサマのパテマ』のBD&DVDも4月に発売と…監督としては嬉しい限りです。
さらに、私が監督した最新短編アニメ『アルモニ』も、3月より『アニメミライ2014』の一編として劇場公開されます。こちらは『イヴの時間』制作当時に思いついた構想が元になった作品です。この機会に、併せて楽しんでいただければ幸いです」



BD「イヴの時間 オリジナル版 スペシャルプライス版」
発売日: 2014年2月22日
価格: 4,200円(税込)
販売: DIRECTIONS/RIHTS
■音声特典
吉浦康裕監督およびメインスタッフによるオーディオ・コメンタリー
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集