「アナと雪の女王」 神田沙也加がディズニー映画で初声優  | アニメ!アニメ!

「アナと雪の女王」 神田沙也加がディズニー映画で初声優 

「アナと雪の女王」は、松たか子がヒロイン姉の“エルサ”の声優起用で注目を集めている。このほどもうひとりのヒロインの声優が発表された。

ニュース
神田沙也加(アナ役)&ピエール瀧(オラフ役)/『アナと雪の女王』
  • 神田沙也加(アナ役)&ピエール瀧(オラフ役)/『アナと雪の女王』
  • 松たか子(雪の女王・エルサ役)
  • (C) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • (C) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • (c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • (c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
世界各国で大ヒットを記録している、ディズニー初のWヒロインで贈るミュージカル映画『アナと雪の女王』。松たか子をヒロイン、姉の“エルサ”の声優として起用することで注目を集めている本作だが、このほどもうひとりのヒロイン、妹の“アナ”役に神田沙也加、彼女の旅の仲間となる“雪だるま”オラフ役にピエール瀧が抜擢されたことが明らかとなった。

触れるもの全てを凍てつかせる“秘密の力”を持つ姉・エルサはその力を制御できず、真夏の王国を凍てつく冬の世界に変えてしまい、国を去ることに。妹のアナは、逃亡した姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒・トナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出るのだが…。

アンデルセン童話の傑作「雪の女王」にインスピレーションを得て、雪と氷の世界を舞台に予測不可能なストーリーを、珠玉のミュージカル・ナンバーが彩る本作。神田さん、ピエールさんは共に、本作がディズニー映画の声優・初挑戦。起用理由が歌いながら演技もできなければならないという難役だが、2人は劇中曲も実際に歌って演じている。

“雪の女王”となったエルサと王国を救うため、危険をかえりみず旅に出るアナ役を演じる神田さんは、「出演が決まったことをサプライズで告げられました。急に電気が消えてケーキが出てきて、『え? 何が?』と言ったら、アナ役に決まったと聞き、おもわず『やったー!』と跳んで喜んでいました。落ち着いて見てみたら、履いていたスリッパがひっくりかえっていて、それだけ興奮したことに気づきました(笑)」とふり返る。

また、瀧さんが吹替えを担当するオラフは、エルサが“秘密の力”で作りだした雪だるまという愛らしいキャラクター。アナと共にエルサを探して旅をし、離ればなれになった姉妹を繋ぐ物語の重要なキーパーソンだ。

瀧さんを起用したディズニー担当者は、映画・テレビドラマでの俳優としてはもちろん、「電気グルーヴ」としてミュージック・シーンでも活躍している瀧さんならこのオラフの声を演じきっていただけるはずと、オラフ役をオファーとのこと。

出演決定の知らせを聞いた瀧さんは、「ディズニーさんの気が変わらないうちに早く、『やろう!』と返事をしようと思った」語り、「『早く録ってしまおう!』という気持ちですね(笑)」と“何かの間違いなのでは?”と疑いながらも喜んだそうだ。

声の演技はもちろん、ブロードウェイ・ミュージカルにも出演経験がある神田さんと、山田孝之・主演の『凶悪』で高い評価を得て、役者としてもノリに乗っている瀧さん。果たして、どんな歌を、どんな掛け合いを聞かせてくれるのか、期待に胸が高鳴る。

『アナと雪の女王』は2014年3月14日(金)より2D/3Dで同時公開。

神田沙也加&ピエール瀧、ディズニー映画で初声優! 『アナと雪の女王』

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集