「進撃の巨人 調査兵団資料館」大阪で開催 目玉は実物大の立体機動装置 | アニメ!アニメ!

「進撃の巨人 調査兵団資料館」大阪で開催 目玉は実物大の立体機動装置

2013年の大ヒット作『進撃の巨人』の展示会開催が決定した。「進撃の巨人 調査兵団資料館」は1月31日から2月16日まで、大阪・南港のアジア太平洋トレードセンター(ATC)特設会場にて行われる。

ニュース
注目記事
(c)諫山創・講談社/「進撃の巨人」制作委員会
  • (c)諫山創・講談社/「進撃の巨人」制作委員会
2013年の大ヒット作『進撃の巨人』の展示会開催が決定した。「進撃の巨人 調査兵団資料館」は1月31日から2月16日まで、大阪・南港のアジア太平洋トレードセンター(ATC)特設会場にて行われる。

「進撃の巨人 調査兵団資料館」では多数の展示物が来場者を迎えてくれる。一番の目玉は実物大の立体機動装置である。本作のキーアイテムが1/1スケールでファンの前にお披露目となる。
もちろん制作資料の展示も充実している。貴重なアニメ複製原画をはじめ、設定画、台本、絵コンテ等が鑑賞可能だ。作品概要、あらすじ、キービジュアルはパネルで詳しく紹介され、キャラクターの等身大パネルも設置される。
また原作者・諫山創さんやメインキャスト陣の直筆サイン色紙も用意した。こちらも見逃せない内容となっている。

さらに『進撃の巨人』の陰の主役とも言える巨人に着目したコーナーも登場する。フォトロケーションコーナーでは「壁」を再現しており、巨人になりきって写真撮影を楽しむことができる。
グッズコーナーでは展示会でしか入手できないイベントオリジナルアイテムの販売が行われる。ミニカフェコーナーには限定メニューもあり、本作の世界観を思う存分堪能できるだろう。

『進撃の巨人』は「別冊少年マガジン」(講談社)にて創刊号の2009年10月号から連載を開始。2011年には第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞し、2013年4月から9月までテレビアニメが放送された。
アニメ化により人気は拡大し、単行本の累計発行部数は2800万部を突破した。Blu-ray&DVD第1巻は10万本出荷、Linked Horizonが歌うオープニングテーマは30万本出荷と、多くのファンを集めている。
[高橋克則]

「進撃の巨人 調査兵団資料館」
/http://www.atc-co.com/event/singekinokyojin.php

会期: 2014年1月31日(金)~2月16日(日)
時間: 平日13:00~20:00 土日10:00~17:00
会場: ATC特設会場(ITM棟2F)
料金: 800円(当日会場入口にて販売) ※小学生未満は無料。
主催: アジア太平洋トレードセンター株式会社
協力: 毎日放送
《高橋克則》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集