山本寛監督「かつてない規模、かつてない熱量の作品」 Wake Up, Girls!炎の七番勝負  | アニメ!アニメ!

山本寛監督「かつてない規模、かつてない熱量の作品」 Wake Up, Girls!炎の七番勝負 

『Wake Up, Girls!』の監督自らが出演するイベント「Wake Up, Girls! 炎の七番勝負ヤマカン出て来いやー!」が、2013年12月29日に東京・秋葉原のUDXアキバ・スクエアにて開催された。

ニュース
「Wake Up, Girls! 炎の七番勝負ヤマカン出て来いやー!」
  • 「Wake Up, Girls! 炎の七番勝負ヤマカン出て来いやー!」
  • (c)Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会
  • 「Wake Up, Girls! 炎の七番勝負ヤマカン出て来いやー!」
アニメ界で常に大きな注目を浴びる演出・山本寛監督の最新作『Wake Up, Girls!』が、1月10日よりテレビ放送を開始する。同日には映画『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』の公開スタート、異例のテレビと映画の同時展開で話題だ。
そんなリリースを前にして、監督自らが出演するイベント「Wake Up, Girls! 炎の七番勝負ヤマカン出て来いやー!」が、2013年12月29日に東京・秋葉原のUDXアキバ・スクエアにて開催された。当日は番組を待ちかねる多数のファンが集まり、大盛況となった。

イベントはまず、ファンからの「出て来いやー!」のコールに応じて山本寛監督が登場することから始まった。この日のイベントは、炎の七番勝負のタイトルに応じて7部構成になっている。その第一番は「山本寛監督 VS ファンのみなさま」とのコンセプトだ。
登板した山本寛監督は、「制作が佳境なので、本当はスタジオにいなくてはいけないのですが、ガヤの収録をするために来ました」とファンに応じ、早速、ガヤの収録にはいる。山本寛監督らしい、ユニークな演出たっぷりだ。

イベントはその後も二番勝負、三番勝負・・・と続き、Wake Up, Girls!のメンバーを演じる新人声優陣7人さらに、そのライバルユニット「I-1クラブ」のメンバーを演じる人気声優陣が登壇するなど。豪華かつ華やかなイベントとなった。
Wake Up, Girls!の自己紹介やトーク、SNSゲーム『Wake Up, Girls! ステージの天使』の対決などが行われた。声優たちの初々しく、懸命な姿に多くの声援が集まった。

さらに「山本寛監督 VS 製作委員会」のコーナーでは、エイベックスやテレビ東京、セガ、学研、東宝と『Wake Up, Girls!』の製作委員会を構成する各社からプロデューサーが登壇。「山本監督あるある」をテーマにトークが繰り広げられた。
そして最後は、Wake Up, Girls!によるライブと、盛り沢山のステージが幕を閉じた。劇場版主題歌「タチアガレ!」やテレビシリーズエデンィング「言の葉青葉」の歌声が秋葉原の街に響き渡った。

山本寛監督 コメント
「制作側は今も死力を尽くして作品を作ってくれています。こんなにスタッフが必死でやってくれている作品は今まで経験をしたことがないです。それだけみんなが思い入れてくれているということだと思います。
制作スタッフに限らず、宣伝も、委員会も、すごく必死でやってくれている。かつてない規模、かつてない熱量の作品です。それに応えられるように頑張りたいです。
1月10日を待っていてください。必ず、何かしらの結果を出します」

『Wake Up, Girls!』
/http://wakeupgirls.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集