「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」メイキングセミナー サンジゲンが語るセル調CGアニメ | アニメ!アニメ!

「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」メイキングセミナー サンジゲンが語るセル調CGアニメ

ニュース

アニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』の制作過程を披露するメイキングセミナーが、2004年1月25日に東京・秋葉原で開催される。3DCGのソリューションサービスで知られるTooが主催するアニメ制作ワークフローセミナー第12弾である。
セミナーには本作のアニメ制作を担当したサンジゲンのスタッフが登壇。“TVアニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』メイキング ~サンジゲンがひもとく進化し続けるセル調CGアニメの裏側~”とタイトルし、本作のキャラクターやシーンが3DCGでどうやって生まれたかを語る。

2013年10月からテレビ放送を開始したアニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』は、ファンから人気を集めている。原作の謎めいたストーリーを存分に引き出した演出、作品と連動する音楽、魅力的な声優陣と見どころ満載だ。
なかでも見逃せないのが、サンジゲンが制作を担当した映像だろう。サンジゲンは2012年に劇場映画『009 RE:CYBORG』でセルタッチのCGアニメを世に問い、大反響を巻き起こした。『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』では技術をさらに先に進めている。サンジゲンの狙い、技術とは何なのか?作品のメイキングを中心に3DCGアニメーション制作現場のワークフローを中心に明らかにする。

Tooによるアニメ制作ワークフローセミナーは、日本の注目のアニメ作品を通じて、3DCGの最新の技術や環境を紹介することで定評がある。これまでにも、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』、『機動戦士ガンダムUC』などが登場している。
サンジゲンは『009 RE:CYBORG』でもセミナーを行っている。『009 RE:CYBORG』からのさらなる進化を知る機会にもなるだろう。
セミナー参加は無料だが事前の登録が必要となる。申込み多数の場合は、抽選となる。

アニメ制作ワークフローセミナー第11弾
TVメイキング『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』
~ サンジゲンがひもとく進化し続けるセル調CGアニメの裏側 ~
/https://form.too.co.jp/form/fm/dms/arsnova

主催: Too
協力: サンジゲン、ウルトラスーパーピクチャーズ
協賛: オートデスク株式会社 メディア & エンターテインメント、日本ヒューレット・パッカード、セイコーエプソン
日時: 2014年1月25日(土)15:30~18:30 (15:00 受付開始)
定員: 400名 (無料/事前登録制/申込者多数の場合は抽選)
場所: 秋葉原コンベンションホール (JR秋葉原駅 電気街口 徒歩1分)
■申込み
/http://solution.too.com/digitalmedia/3dcg/campaign/campaign.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集